SB夏モデル「AQUOS Xx」は5.7型液晶採用のファブレット。6月下旬以降発売

AQUOS-XX

  SoftBank夏モデルとしてAQUOS Xx(ダブルエックス)が正式発表されました。5.7インチFHDディスプレイで、バックライトは新開発の「S-PureLED」。3辺狭額縁設計「EDGEST」デザインを採用。筐体はメタルフレーム。SoCはSnapdragon 810。

 リコー「GRシリーズ」開発メンバーによる画質認証プログラムGR Certifiedを取得したモデル。光学手ブレ補正を採用。最大40倍までのスーパースロー映像や4K動画も撮影可能。SHARP家電の人工知能技術を応用したエモパー2.0を搭載します。機能的にはSH-03GやSHV32と同等と言えそうです。

 スペックは以下の通り。防水・ワンセグ/フルセグ・おサイフケータイに対応。赤外線はナシ。

OS Android 5.0 Lollipop
CPU  Qualcomm Snapdragon 810 64bit オクタコア(2.0GHz/1.5GHz)
メモリ  3GB
ストレージ  32GB
 ディスプレイ 5.7インチFHD(1920×1080) S-CGSilicon
カメラ  1310万画素, インカメラ: 210万画素 
 バッテリー 3000mAh 
寸法 146mm x 79mm x 8.7mm
重量 168g
その他  microSDスロットあり、防水, NFC/おサイフケータイ、ワンセグ/フルセグ,
VoLTE, HD Voice

 通信方式としてはW-CDMA(2.1GHz, 900MHz) / FDD-LTE(2.1GHz, 1.7GHz, 900MHz) / TD-LTE(2.5GHz)に対応します。発売予定日は6月下旬以降。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus