韓国諜報機関、GALAXY S6を盗聴できるようハッキング依頼。釈明に不審点、職員自殺

10006_20479_4718

 韓国紙ハンギョレ新聞によると、2013年、「陸軍5163部隊」なる組織が、イタリア・ミラノにあるIT企業「Hacking Team」からプログラムを購入、さらにSamsung製のスマートフォンGalaxy S3を同組織に送り、音声盗聴が可能なよう、分析を依頼していたことがわかりました。

 「陸軍5163部隊」は、悪名高いKCIAを前身に持つ韓国諜報機関「国家情報院」の別称として知られています。由来は、朴正煕元大統領が起こした軍事クーデターで、漢江を1961年5月16日午前3時に越えたことを記念するもの。

galaxy-s3

 さらに先月、最新現行機種にあたるGalaxy S6に関しても国家情報院がハッキングを問い合わせており、Galaxyシリーズの最新機種が出る度にハッキングを依頼していた可能性が高まっています。これらの事実はHacking Teamが逆にハッキングを受けたことにより、内部情報が露呈したことで明るみに出ています。

 Hacking TeamはFlashの脆弱性の攻撃を「顧客」に提供しており、実際に韓国国内で男性二人が被害にあっているとのこと。

143680094489_20150714

 本件についてセキュリティ専門家は韓国国内版Galaxyの分析を要請していたことから、国家情報院の盗聴対象が韓国国内をターゲットにしていた可能性が高いと解説しています。7月1日のHacking Team従業員同士の電子メールからも、国家情報院が韓国国内版の最新スマートフォンへの攻撃を執拗に要求していた様子が伺えます。サムスン製の新旧機種だけでなく、メッセージングサービス「カカオトーク」や「V3 Mobile」が攻撃対象となっていたようです。

 ニューヨーク・タイムズによれば、この件によって国家情報院の職員一人が自殺を図りました。韓国国民への監視を、否定する文言が書かれた遺書が見つかったそうです。

 この件にまつわるハンギョレ新聞の報道として、(防衛省にあたる)韓国国防部のサーバー政策TF所属の軍人(階級中佐)も、ハッキングチームとメールをやりとりしており、攻撃プログラム「GALILEO」を使用していた疑惑が持ち上がっています。メールいわく、攻撃プログラムはWindows、OS X、Linux、iOS、Android、Blackberry、Windows Phoneを監視可能とのこと。

143680102590_20150714

 国家情報院は対北朝鮮用の諜報活動強化として釈明していますが、それならRed StarやAndroidベースのArirangといった北朝鮮製のOSがハッキング対象でなければおかしいですが、それらは含まれていないことから、韓国内では国民監視の用途であったとの疑いの目が強く向けられています。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus