ツイッターに不正アクセスされてない?ログイン履歴を自分で確認できる新機能「Twitterデータ」でチェックしよう

Twitter-Logo

 Twitter社は、利用端末とログイン履歴をユーザー自身が閲覧できる「Twitterデータ」をリリースしました。

 Web版を開き、設定→Twitterデータへと進むことで確認できるようになっています。

 確認可能なのはログインに用いた連携アプリ・Twitterクライアントとアクセス日時など。

twitter-data

 不審なアプリやクライアントからのアクセスを確認した場合、アプリ連携を開いてログイン許可を取り消して対処できます。パスワード変更や、電話番号を登録してのログイン認証も有効です。これを機にアカウントのセキュリティを高めることをおすすめします。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus