キヤノン、2億5000万画素CMOSセンサー発表。

p2015sep07b

 

 キヤノンは、約2億5000万画素のCMOSセンサーを発表しました。APS-Hサイズとして世界最高画素数となります。

 このセンサーを搭載したカメラ試作機で、18km先を飛行する飛行機の機体文字を識別できたとのこと。

p2015sep07a

 画素数が増えるほど信号量が増えるため、信号遅延やタイミングのズレが問題となるところを、回路の微細化や信号処理技術で解決、毎秒5コマのスピードで超多画素の動画撮影が可能とのこと。動画の解像度はFullHDの125倍、4Kの30倍。

 キヤノンはこの技術を、監視や防犯、超精密性再計測器などの用途に応用していくそうです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus