iPadなら戦場で弾道計算もできる すまほん!!

 iPad用の迫撃砲用計算アプリが、App Storeで販売されていると話題になっています。

 ゲリラが比較的安価に迫撃砲の射撃精度を手に入れられるという意味で、戦場で重宝されていそうです。

 このアプリはロシアでのみ販売されており、日本から購入することはできません。

 このアプリを販売するVitalii Gryniuk氏は、他にもスナイパー用の弾道計算アプリも$32.99で販売しています。7.62x51mm NATO弾による狙撃をサポートします。iPhoneおよびiPadで使用できます。

appstore

 人類を幸福に導くべきスマートフォン・タブレットをこのような用途に使うのは間違っているとの意見も当然あるとは思いますが、世界初のコンピューターENIACが軍事目的、しかも弾道計算用に開発されたことを考えれば、ある意味では正しいとも言えるのかもしれません。

 ちなみにRMAを進める米軍も、多くのiOS端末を導入しており、弾道計算はもちろん、空爆地点の指示や無人航空機の映像閲覧に使用しています。

こんな記事も読まれています

これVAIO Type Uじゃん!?スライドQWERTYパソコン「GPD WIN3」の外観解禁

YouTubeがiOSアプリ向けに小窓表示機能を提供開始

脱獄iOS向け非公式ストア「Cydia」開発チーム、Appleを提訴!

話題の音声SNS「クラブハウス(Clubhouse)」を使ってみた。高齢者専用Discord?

クラブハウスが新機能を本日より開始。検索強化やAndroid版空間オーディオなど

iPhone 13の画面が非正規修理可能に。Appleの妥協策?