パナソニック、世界初の次世代ブルーレイ対応レコーダー「DIGA UBZ-1」を本日発売

jn151005-1-1

 パナソニックは、「Ultra HD Blu-ray」規格の再生に世界で初めて対応したレコーダー「DIGA DMR-UBZ1」を、本日11月13日に発売しました。

 Ultra HD Blu-rayは、4K解像度と60fps、HDR、4K/8K放送に向けて策定されたITU-R BT.2020の広色域信号などに対応した次世代Blu-rayディスクの規格です。

 DMR-UBZ1は容量3TB HDD、トリプルチューナー、パナソニックハリウッド研究所で培った技術を応用した画質処理エンジン「4Kリアルクロマプロセッサplus」を搭載します。

 新たにNAS機能に対応。DLNA経由でHDD内の音楽ファイルを再生可能になりました。また、e-onkyo musicで購入した楽曲を自動でダウンロードする機能も搭載するとのこと。

 各家電量販店では40万円台前半、Amazonでは約37万円で販売されています。

Panasonic 3TB 3チューナー ブルーレイディスクレコーダー Ultra HDブルーレイ再生対応 4K対応 DIGA DMR-UBZ1
Panasonic 3TB 3チューナー ブルーレイディスクレコーダー Ultra HDブルーレイ再生対応 4K対応 DIGA DMR-UBZ1

この記事にコメントする

comments powered by Disqus