香港でスマホを買うならチェックしておきたいスポット

 香港に行ってスマートフォンを買う時にチェックしておきたいスポットのうちの一つが、九龍北西部の深水埗(Sham Shui Po)です。黄金電脳商場や鴨寮街があります。

hongkong-mtr-sham-shui-po

 MTR深水埗駅を出て地上に出ると、鴨寮街が活気づいています。様々な電子機器や怪しい製品の販売店が八百屋のように広がっていて、見ているだけでも楽しくなってきます。Samsung、Xiaomi、Lenovo、LGなど定番メーカーの機種から、古めの二手(中古)機種まで、大量に売られています。価格は安め。

hk-shamsuipo

 路上でSIMカードが売られていたりするので、通信環境の調達もアリですし、スマホのケースが雑然と並んでいるのでお土産にも良さそうです。

 続いて旺角(Mong Kok)。旺角電脳中心や以前紹介した香港小米之家もこの辺り。

mongkok

 香港の家電量販店である百老匯 Broadway。最新の主要なスマホが購入できます。価格はちょっと高め。

hk-broadway

 その近くにあるのが先達広場です。ビル内にたくさんのスマートフォン販売店が群雄割拠しています。1階と2階がスマートフォンで、3階がアクセサリー等。

hong-kong-mong-kok

 Note 5やS6 edge+やLG G4などの最新現行機種から、Galaxy FolderやV10などの珍しい変態端末、二手(中古)まで豊富に揃っていますが、その活況は以前ほどではなかった気がします。(iPhone 5s発売直後以来の訪問なのでそう感じるのかも)

sen-tat

 LG G4も安いので迷ったのですが、結局Xiaomiの国際版モデルMi 4iに決めました。価格は公式ストア香港小米之家と同等か少し安いぐらい。2万2千円程度。ガラスフィルムも貼り付けてもらいました。

sen-tat-xiaomi

 というわけで、香港でスマホを買うなら深水埗や旺角あたりを周ってみるといいかもしれません。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus