やはりiPhoneへの有機EL採用は確実か

super_hd_amoled_display

 日刊工業新聞は、JDI(Japan Display)が2018年春にスマートフォン向けの有機ELパネルを量産すると報じました。同年のiPhoneに採用される模様。JDI幹部は来週にもApple本社に赴き、受注交渉を始めるそうです。

 日本経済新聞も、2018年にLGディスプレイ製の有機ELがiPhoneに搭載されると報じており、iPhoneへの有機EL採用はかなり確度の高い情報となっています。

 JDIは、ソニー、東芝、日立の中小型ディスプレイ事業を統合した会社です。高い品質のディスプレイを各社に納入しています。

 有機ELは、画素が自発光する仕組みにより、高い表現力と応答性が特徴です。SamsungのGalaxyシリーズやApple Watchにも採用されています。2018年といえば、命名規則が変わらなければ「iPhone 8」ですね。3年後の答え合わせを楽しみにしておきたいところです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus