Nokiaブランドのスマホ・タブレットが復活

microsoft-nokia-logo-lumia-920

 Microsoftは、フィーチャーフォンを鴻海(Foxconn)の子会社FIH MobileとHMD Globalに3億5000万米ドルで売却すると発表しました。売却対象はブランド名やハノイの製造施設。2016年下半期に売却が完了します。

 さらに、このHMD Globalは、Nokiaと契約を締結、NokiaブランドのAndroidベースのスマートフォンやタブレット端末を販売することが明らかになりました。HMDは3年間で5億ドルの投資を行うようです。

 NokiaはAndroidタブレットN1をごく一部の市場に投入していましたが、これから投入される新しいNokiaブランドの端末は世界中の市場に投入される見通しです。

 なお、これらの動きはMicrosoftのWindowsベースのモバイル事業には影響せず、依然としてMSはLumiaブランドを維持すると報じられています。

 一時は世界シェアトップであったNokiaブランドの復活の兆しは喜ばしいところです。実際の端末はどのようなものになるのでしょうか、楽しみですね。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus