OnePlus 3 正式発表。スナドラ820・RAM6GBで399ユーロ

one_plus_3_001

 OnePlusは同社のフラッグシップモデル、OnePlus 3を発表しました。OSはAndroid 6.0(Marshmallow)をベースにしたOxygen OSを搭載しています。販売価格は399ユーロ(約4,7500円)となっています。

筐体デザインはメタリックに

one_plus_3_002

  筐体のデザインは背面がメタリックな仕様となっており、グラファイトとゴールドの2色展開です。iPhoneっぽさとHTCっぽさを感じるデザインになっていますね。OnePlus 1・OnePlus 2とはデザインの趣が大きく変わったので、好みが分かれそうです。

Snapdragon 820、RAM6GB、FullHD AMOLED、などてんこ盛り

 主なスペックは以下の通りです。

SoC Snapdragon 820
RAM  6GB LPDDR4 
内蔵フラッシュ 64GB UFS2.0
ディスプレイ 5.5 インチ Optic AMOLED
OS Oxygen OS(Android 6.0ベース)
カメラ 背面:1600万画素(SONY IMX 298)光学式手ぶれ補正対応 RAW出力対応
前面:800万画素(SONY IMX179)
Wi-Fi・Bluetooth IEEE 802.11 a / b / g / n / ac ・ Bluetooth 4.2
バッテリー 3000mAh
サイズ 152.7 * 74.7 * 7.35 mm
重量 158 グラム
対応バンド GSM 850 / 900 / 1800 / 1900
北米モデル
WCDMA band 1 / 2 / 4 / 5 / 8
FDD-LTE band 1 / 2 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 17
CDMA EVDO:BC0

ヨーロッパ・アジアモデル
WCDMA band 1 / 2 / 5 / 8

FDD-LTE band 1 / 3 / 5 / 7 / 8 / 20
TDD-LTE band 38 / 40 / 41

中国モデル
WCDMA band 1 / 2 / 5 / 8
FDD-LTE band 1 / 3 / 7
TDD-LTE 39 / 39 / 40 / 41
TD-SCDMA band 34 / 39
CDMA EVDO BC2

その他 指紋センサー・USB TypeC

  スペックは従来のOnePlusシリーズ同様のハイスペックな仕様となっています。ディスプレイが有機ELディスプレイで、解像度がFullHD止まりというところに審議の余地はありそうですが、5.5インチならPPIから考えても十分な解像度と言えるでしょう。 内蔵フラッシュメモリが高速なUFS2.0に対応していることや、カメラがRAW出力に対応しているのは、見逃せないポイントです。

 OnePlus公式サイト(日本からでは予約できない?)の他、GearBestなどでも予約が可能となっています。気になる方は、チェックの価値ありな製品です。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus