楽天モバイル、大容量プランとシェアオプションや口座振替対応を発表

rakuten-mobile

 楽天株式会社は、MVNO「楽天モバイル」において、2016年11月4日から大容量プラン「20GBプラン」「30GBプラン」の追加を発表しました。

 3日制限もなく、テザリングオプションも無料。通話SIMの「20GBプラン」は4750円税別、「30GBプラン」は6150円税別。高速通信容量の前月繰越分のシェアサービスも2017年1月より開始するそうです。シェアは「楽天モバイル」の利用者であれば誰とでも組めるため、友人や同僚でもシェア可能。シェアオプション料金は一回線あたり100円。

 MVNOの料金支払といえば決済はクレジットカードが一般的ですが、楽天モバイルは11月より口座振替にも対応。300以上の金融機関が利用できるそうです。口座振替に対応したMVNOといえばBIGLOBEなど一部の事業者に留まるため、クレジットカードを持っていない人にとっては重要な点です。

 このほか、新機種として防水防塵FeliCa搭載のAQUOS SH-M04、SIMフリーガラホ AQUOSケータイ SH-N01、タブレットMediaPad T1 7.0 LTEが追加されました。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus