ドコモ、訪日外国人向けSIM。広告閲覧で通信無料!

welcomesim

 NTT docomoは、外国人向けのデータ通信専用SIMカード「Japan Welcome SIM」を発表しました。7月1日より提供を開始します。

 本サービスは訪日外国人をターゲットに想定したプリペイドSIMサービスとなります。訪日前に専用サイトで申し込みし、訪日後に空港内の施設等にてSIMカードを受け取る仕組み。

26_01-2

 ドコモのデータ通信を15日間利用可能。APN設定不要で利用できます。

 料金プランは有料の「プラン1000」と「プラン1700」、さらに無料の「プラン0」の3種類。プラン0は、訪日前に自国で、対象の広告動画閲覧などをすることで、15日間無料で128kbpsのデータ通信を行うことができるというもの。課金または広告閲覧にて高速データ通信量のチャージも可能となっています。

japan-welcome-sim-docomo

 これまで、海外スマートフォンの国内でのモバイルネットワークの利用には技術適合認証が一律で必要であったため、国内携帯会社が訪日外国人向けに通信サービスを提供することが適法ではない、という不可解な状態が長らく放置されてきました。法的には、外国人は皆(国際ローミング利用者を除き)違法無線機器を持っていたことになりますね。

 さすがに法律が実態に全く合っていないので、これについて総務省は電波法を改正し、技適を緩和。外国人のスマートフォンなどの無線機器の国内利用について、技適未取得の場合でも滞在90日以内ならば技適取得済みと見做すということになりました。

 こうした技適緩和措置を受けて、日本通信やIIJmio、U-MOBILEなどのMVNO各社は、やっと一切の後ろめたさもなく訪日外国人向けにサービスを提供できるようになったわけです。この流れに、今回NTT docomoも乗る形になります。