iPhone SE、大手キャリアのサブブランドにて値下げ。

iphone-se-3

 Appleの4インチスマートフォン「iPhone SE」の32GB / 128GBモデルが、大手携帯キャリアのサブブランドにて値下げされました。両社ともにMVNOや総務省に問題視されているほど回線品質が良いので注目に値します。(本記事中表記は税別)

Y!mobileのiPhone SE

ymobile-logo

 SoftBankのサブブランドであるY!mobileでは、2年間の通信量からの割引を増額。

 32GBモデル(端末価格6万4800円)なら、スマホプランM/Lを選ぶと割引額5万1840円(2160円/月)。

 128GBモデル(端末価格7万7760円)なら、スマホプランSを選ぶと割引額4万4064円(1836円/月)、スマホプランM/Lを選ぶと割引額5万7024円(2160円/月)となっています。

 2年間に渡って通信料からの割引を受ける形となるため、途中で他社により良いサービス・より良い端末が登場した時に身動きが取りづらくなる点に注意して下さい。

UQmobileのiPhone SE

uq_mobile_logo

 事実上のauのサブブランドのような形と化しているUQmobileでも、iPhone SEが安くなっています。こちらは通信料からの割引ではなく、端末代の一括価格を直接下げてきているのが嬉しいところ。

 32GBモデルは端末代は4万4172円。通信料からの割引はプランSなら1万8144円(756円/月)、プランM/Lなら3万1104円(1296円/月)。

 128GBモデルは端末代は5万4540円。通信料からの割引はプランSなら2万736円(864円/月)、プランM/Lなら3万3696円(1404円/月)。

 端末価格自体はAppleオンラインストアのSIMフリーiPhone SEとほとんど変わらないのに、通信料の割引は付いてくるというのは好印象。iPhone SEを買うなら検討候補の筆頭と言えます。

 

 両社ともにMVNOとしてはかなり回線品質が良いので、料金プランに納得できるのならいい選択肢です。iPhone SE自体もiPhone 6s / 6s Plusに匹敵するパフォーマンスを持っており、片手操作のしやすさや電池持続時間において優秀で、今でも大人気の機種となっています。