HDMIの映像を分配できる!LEVIN 4K HDCP対応 HDMI スプリッターレビュー

IMG_9682

 現在我が家では台所から部屋のモニタの距離が遠く、料理をしながらモニタをみると小さくて見えないということがあります。解決策としてモニタをもう一つ台所に設置し、同じ映像を分配すれば良いのでは!と思いつきました。それらを解決策するにはSplitterは欠かせません。今回はLEVINさんより4K 3D映像対応のHDMI Splitterを頂いたのでレビューさせて頂きます。

これ何するもの?

 あたらめて説明させて頂きますと、一つのHDMI信号を二つに出力するものです。分配器と呼ばれているものです。パソコンやゲーム機の映像を二つのディスプレイに映すときに使います。ただあくまで分配器ですので、逆の使い方(二つの入力を切り替えて使う)ような使い方はできないのでご注意を。

付属品は最小限

IMG_9683

 内容物はSplitter本体と電源ケーブルと説明書のみです。分配するにはさらにHDMIが二本必要になるので、別途購入する必要があります。

 さて、ケーブルを用意したらあとは繋ぐだけ。今回はPS4で試してみることにしました。ケーブルを正しくつなぎ、Splitterの電源ケーブルを繋いだらあとはPS4本体の電源を入れるだけであとはモニタに映像が映るのを確認します。

 もし映らない場合はおそらくDVIやD-SUBなどの変換を使っておりHDCP非対応の場合があります。その場合はそれらの対応ケーブルや変換アダプタに変えることによって改善するかもしれません。

ノイズ対策は?

 AmazonのFireTVStickといったノイズが乗りやすい製品を接続するとどうなるのか。以前個人的にAukeyの製品を購入し、使用したのですがこれは全ての製品にノイズが乗ってしまい使い物になりませんでした。今回はどうかなと思ったのですが、どうしてもノイズが乗ってしまうようです。ノイズに強い製品をお求めでしたら別の製品をオススメします。ただ通常のPS4やNintendo Switchではノイズもなく快適に使えますのでご安心を。

いろんな場面で使えるかも?

 HDMI Splitterとやや購入層が限られる商品でしたが、うまく使うと結構便利ですので、家庭の映像面をより便利に快適にしてくれるかもしれません。価格も安価ながら4Kや3D、Huluで話題になった著作権保護のHDCPにも対応と謳っているので、会社や家庭で一ついかがでしょうか?