世界中の好きな場所を墓にして「AR墓参り」ができる「スマ墓(すまぼ)」。株式会社良心石材が月額500円で提供

 株式会社良心石材は、スマートフォンで利用できる墓参りサービス「スマ墓(すまぼ)」の提供を発表しました。

 故人の好きだったスポットであれば世界中のどこでも慰霊場所として登録可能。登録された慰霊場所の位置に近づくと、スマートフォンに「スポットメッセージ」が現れる仕組み。

sumabo

 あらかじめ設定した故人の写真や動画などを、AR(拡張現実)形式で表示します。

 遺骨は最大15年間預かり可能。15年以降は合葬されます。合葬されるまではいつでも返却可能なので、お墓を建てる資金が貯まってから遺骨を返却してもらうこともできるとのこと。

 サービス提供価格は月額500円。生前に申し込むと死後1年目は無料。

 株式会社良心石材は日々のお墓販売を通して、近年顧客が自分の死後に、遺族が急な引越しなどにより墓参りが負担になることを危惧する傾向にあるため、「価格を抑えた最低限のお墓」が顧客のニーズであることに気付いたとのこと。低価格で遺骨を保管し、故人との所縁が深い場所でARを活用する新しいサービス、今後伸びていきそうなところです。