ビッグローブモバイルがau回線プランを導入。マルチキャリアMVNOに

biglobe-mobile-logo

 MVNO「BIGLOBEモバイル」は、KDDIのau 4G LTEネットワークに対応した通信サービスを開始するとアナウンスしました。

 これまでBIGLOBEモバイルはNTT docomoのネットワークを利用したサービスを展開していましたが、ここに新たな選択肢が加わることになります。

 BIGLOBEは2016年にKDDIに買収されており、KDDIの子会社となっています。

 従来のNTT docomoのネットワークで展開するプランは「タイプD」、auのネットワークで展開するプランは「タイプA」となります。

 「タイプA」はSMS付きデータSIMと音声通話SIMの2種類。SMSの付かないデータSIMは提供しません。

 ドコモとauのマルチキャリア自体は、IIJmioやmineoが達成しています。BIGLOBEをわざわざ選ぶ決定的な理由というのはあるのでしょうか?

 そこで、注目すべきポイントは料金支払。MVNOは一般的に、料金支払にクレジットカードが必須となっています。この点から格安SIMを契約できない人もいるそうです。

 しかしBIGLOBEは数少ない口座振替対応のMVNOであるため、マルチキャリア展開していて口座振替対応のMVNOということになります。ニッチながら需要はあるかもしれませんね。