iPhone Xの顔認証、他社が模倣するには2年半かかる

iphonextruedepthcamera

 Appleのサプライチェーン筋に情報網を張り巡らせ、独自の予測を高精度で的中させ続けているKGI SecuritiesのMing-Chi Kuo氏は、新たなレポートを発表しました。

 iPhone Xの3D顔認識「TrueDepthカメラ」の機能とユーザー体験を、Androidメーカー各社が模倣するには、最大2年半かかるだろうとの見通しをレポートにて明らかにしています。

 前回のレポートでは1~2年程度と予測されていましたが、AppleがiPhone Xを正式発表し、TrueDepthの各種技術デモンストレーションを披露するにつれ、実際には更なる時間を要する可能性が高くなったためです。2018年も2019年も技術的に先導し続けるだろうとのこと。

 KGIは2017年のiPhone Xの出荷数予測の見積もりを4000万台から3500万へと下方修正しましたが、TrueDepthカメラを搭載したiPhoneについての見積もりは好調な見通しとしており、安定的に売れると見られています。

 サムスンも既に顔認識機能を備えたGalaxyスマートフォンを発売済みですが、立体的に顔を認識した認証ではないため、突破も可能であるので、TrueDepthほど安全性は高くありません。

 なお、TrueDepthカメラが消費者に人気が出れば、将来的に全てのiPhoneにTrueDepthが搭載される可能性があるとレポートには記されています。