フランス発のSIMフリースマホ「Wiko View」、日本国内市場投入へ

「Wiko View」発表

wiko-view-red

 Wikoは、SIMフリースマートフォン「Wiko View」の日本市場投入を発表しました。

そもそもWikoとは

wiko-logo

 Wiko(ウイコウ)は、フランスに本社を置くスマートフォンメーカー。2011年創業、欧州をはじめとした世界33カ国以上で展開していますが、日本ではあまり聞き慣れないかもしれません。

 日本国内では第一弾のスマートフォン「Tommy」を投入しており、「View」はそれに続く第2弾となります。

カラフル、価格は安め

wiko-view

 価格は3万円。カラーバリエーションはブラック、ディープグリーン、チェリーレッド、ゴールド。

18:9縦長、しかしHD+

 最新のフラッグシップ端末でトレンドとなっているのがアスペクト比18:9の縦長ディスプレイです。「Wiko View」もこれを採用しています。

 しかし各社のフラッグシップが高精細高解像度を追究しているのに対し、「Wiko View」はHD+(1440×720)と控えめに。

 「最新機種の縦長ベゼルレスディスプレイは魅力だが、高額なものばかりで手が出しづらい」という人にとって、魅力的な選択肢となりそうです。

スペック

OS Android 7.1
CPU Snapdragon 425 1.4GHz
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
ディスプレイ 5.7型IPS液晶
HD+(1440×720)
カメラ 1300万画素
インカメラ  1600万画素
 バッテリー 2900mAh
寸法  151.1 x 73.1 x 8.7mm, 160g
その他  指紋認証センサー, DSDS, VoLTE

発売日

 発売は12月。Amazonでの発売日は2017年12月15日。