サムスン、仮想通貨マイニング用半導体を量産開始。中国業者に供給へ

samsung-galaxy-logo

 韓国メディア「The Bell」の報じたところによると、SamsungはBitcoin含む仮想通貨のマイニングに特化したASICハードウェアを製造しているとのこと。

 中国のマイニングハードウェア関連企業とパートナーシップ契約を締結し、1月から量産を開始したそうです。

 マイニングは高速な演算とエネルギー効率の高いハードウェアを必要としています。量産が開始されたASICの設計もまた、マイニングに最適化されているとのこと。

 このマイニング用ASICの分野では、台湾TSMCがSamsungに先行していました。Samsungの事業はまだ開始されたばかりであるため、全体収益に占める規模は微々たる水準にすぎないとしています。

 1月末までに更なる大量生産を開始する用意がされているとも伝えられており、この分野でSamsungの存在感が増していく可能性もありそうです。

国内最安手数料、無料口座開設

Bitbankに登録