コインチェック再開間近か?アプリが大幅アップデート すまほん!!

coincheck

 本日正午過ぎ、コインチェックのiOS版アプリにアップデートが行われたことがわかりました。前回のアップデートから実に約2ヶ月ぶりとなります。

 ハッキングによる仮想通貨NEM流出の事件以降、コインチェックは営業のほとんどを停止。その後、インフラ・セキュリティの抜本的見直し・金融庁への報告・マネックス傘下への移行を行い、当初6月再開とも伝えられていて、近いうちに再開される見通しですが、そのタイミングがいつなのか、具体的な日時までは明かされていません。

 今回アップデートされたバージョン1.12.0の内容は以下の通り。売買画面のネイティブ化、チャート画面に購入売却ボタン追加、総資産推移画面の追加、チャート・総資産推移画面のシェア機能、メニューボタンデザイン修正、カード購入ボタン削除、パスワード強度表示など。主に見やすさをブラッシュアップしつつ、その共有をよりしやすくなったようです。

 Android版にも7月23日にアップデートが行われていたことが確認できます。

 コインチェックがなぜ若者に支持されたのか?圧倒的に使いやすい今風のUIが受けたのが大きな要因の一つと考えられます。トレーダーの間でも、スプレッドの大きいコインチェックがメインで使われることこそあまりないものの、チャート推移を提示するためにアプリやウィジェットのスクリーンショットをSNS上に貼り付ける時には、多くの人がコインチェックのそれを使っています。

 金融庁認可の他の国内取引所がトラブルに見舞われる中、ハッキング事件での対策を抜本的に行い、持ち前のアプリやウィジェットの見やすさと使い勝手を武器に、案外コインチェックが復権することも十分有り得そうな気がします。

 本格的な再開のアナウンスが待たれるところです。日刊工業新聞は、マネックスがコインチェックを英語化することで米国参入も計画していると報じており、この兼ね合いもあるのかもしれません。