LINE独自の仮想通貨「LINK」、日本国内で新規取り扱いへ すまほん!!

 LINE株式会社のグループ会社であり、LINEの仮想通貨事業・ブロックチェーン関連
事業を展開するLVC株式会社は、仮想通貨「LINK(通貨コード:LN)」を日本国内における新規取扱銘柄として取り扱い予定であると発表しました。

 「LINK」は、LINEとLVCの傘下であるLINE TECH PLUS PTE. LTD.(LTP)が発行する仮想通貨。LINE Token Economy構想において利用されるトークンです。

 日米を除くグローバル向け仮想通貨交換所「BITBOX」で2018年10月16日から取り扱いを開始。日本国内においては、日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)が定める新規通貨取扱いプロセスに則り取り扱いを準備してきたとのこと。

 LVCは新規取扱いに向けてシステム開発の準備に着手しており、取り扱いは2020年4月以降を予定。国内向けでも仮想通貨取引サービス「BITMAX」における取り扱いなどの詳細は決まり次第告知するとしています。

 なお、日本向けBITMAXではBitcoin、Ethereum、XRP、Bitcoin Cash、LTCの5種類が取り扱われており、ここにLINKが加われば6種類となる見通し。