スマホ/PC共通UI!ビットコイン/ビットコインキャッシュを保管できるウォレット「Copay」の使い方を解説

how-to-use-copay-wallet-pc-smartphone

 この記事では、仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)およびビットコインキャシュ(Bitcoin Cash)を保管できるソフトウェアウォレット「Copay」について解説します。

仮想通貨の基礎知識をおさらい

Bitcoinとは

bitcoin-logo

 Bitcoinはブロックチェーンを利用した仮想通貨です。サトシ・ナカモトを名乗る人物が執筆した論文に基づいて開発されています。

 仕組みとしては、P2Pネットワーク上でトランザクションをユーザー間で取引し、その取引はブロックチェーンと呼ばれるネットワーク上の公開型分散台帳に記録されていきます。

 通貨単位は「BTC」。2009年より運用が開始され、仮想通貨における基軸通貨的な存在と見做されています。その運用は非中央集権で、コミュニティーによって民主的に進められているとしています。

Bitcoin Cashとは

 Bitcoinのコミュニティーは、Bitcoinの改善について議論していました。ブロックサイズの上限を上げるべきという人たちと、ブロックサイズは変えず、将来的に実装されるライトニングネットワークを待つべきだという人たちに意見が別れていました。

 そこで2017年中頃、ブロックサイズの上限を上げるべきという人たちが、Bitcoinからハードフォークという形をとって、新しい仮想通貨を作り出しました。これが「Bitcoin Cash」です。通貨単位は「BCH」。(中国系取引所の場合、BCCと表記する場合もある)

bch-logo

 ブロックサイズを8Mへと拡大することで、トランザクションが詰まりづらくなっています。

BTC / BCHの購入方法

 国内取引所としてはBitbankBitflyerBITPOINT等で取扱があります。

仮想通貨の保管方法

 仮想通貨はウォレットでの管理が基本です。取引所に置きっぱなしにするのではなく、必ずウォレットへと退避しましょう。

 BitcoinとBitcoin Cashを保管するためのウォレットは何種類かありますが、筆者が実際に利用しているソフトウェアウォレット「Copay」を紹介します。

Copayとは?

ソフトウェアベースのウォレット

スクリーンショット 2018-02-12 15.34.13

 Copayとは、BitPay社の提供、オープンソースで開発の行われているソフトウェアウォレットです。Webサービスとして提供されているウォレットとは異なり、Copayは端末内に秘密鍵を保持します。このためBitPay社のアカウント登録なども必要なく利用できます。

UIが全プラットフォーム共通!

btc-wallet

 複数デバイスでの同期も可能。しかもUIが全部ほぼ共通。プラットフォームごとに使い方を学習し直す必要がないのが良いですね。

複数ウォレット対応

スクリーンショット 2018-03-12 18.31.36

 複数の個別管理できるウォレットを作成可能。仕事用/プライベート用で使い分けることもできます。

CopayはPC/スマホあらゆるプラットフォームにインストール可能!

copay-multi-Platform

 Copayは、iOS / Android / Windows (exeストアアプリ) / MacLinux / Chromeアプリに対応。あらゆるプラットフォームで使えます。

Copayの初期設定

インストール

 前項の個別リンクか、公式サイトにアクセス。自分の端末にインストールして下さい。いずれもストアからの導入、またはインストーラー形式なので、簡単にインストールできます。

スクリーンショット 2018-02-12 15.33.23

初期設定

 パスワードを設定します。これがアプリの起動や、送金などを行う際に必要となるパスワードです。

スクリーンショット 2018-02-12 15.35.37

 メールアドレスを入力。これは送金発生時にメール通知による認証のために用いられます。(通知不要であれば、右上のスキップボタンを押してもいい)

スクリーンショット 2018-02-12 15.36.12

 復元フレーズを設定します。復元フレーズは、アプリの不具合や削除時、復元するためのバックアップ手段となります。

スクリーンショット 2018-02-12 15.36.36

 表示された復元フレーズを紙にメモし、厳重に保管しましょう。復元フレーズは強力であり、漏洩するとウォレット内のビットコインを盗まれることを意味します。

copay-pass

 復元フレーズの確認を終えたらウォレットの作成は完了です。

スクリーンショット 2018-02-12 15.40.16

 これでビットコインウォレットを利用可能となります。

スクリーンショット 2018-02-12 15.40.53

起動/送金のパスワードを指紋で代替

 指紋認証センサー対応端末であれば、アプリ起動や送金時のパスワード入力を指紋認証で代替することもできます。

別のウォレット/BCHウォレットを作成

 先程作ったウォレットとは別に、サブのBTCウォレットを作ったり、BCH用ウォレットを作ったりすることが可能です。せっかくなのでBCHのウォレットも作ってみましょう。

スクリーンショット 2018-02-12 15.47.12

  • +ボタン(ウォレットを追加)→個人用ウォレットを作成→ウォレット名と通貨を選択→新規ウォレットを作成

スクリーンショット 2018-02-12 15.47.16

 これでウォレットを作成完了です。使い分けが捗ります。

スクリーンショット 2018-02-12 16.13.19

他デバイスとの同期方法

 もしスマホとPCのウォレットアカウントを完全に別にしてしまうと、送出金に手数料が掛かってしまいます。特に分ける理由がないなら、ウォレットを同期させるのも手です。(同期というか、単に同じ秘密鍵を有したウォレットを別個の端末に併存させるだけです)

 QRコードでの同期方法を解説します。(カメラのない端末のウォレットに同期させる場合は、復元フレーズでのインポートをおすすめします)

同期させたい作成済みのウォレットからの操作

  • 設定→ウォレットを選択→その他オプション→ウォレットをエクスポート→QRコード

 これでQRコードを表示します。このQRコードを新しいウォレットで読み取らせることで同期が完了します。

未同期の端末のウォレットからの操作

 スマートフォンなら、QRコードを読み取るだけで簡単に同期できます。

  • +ボタン(ウォレットを追加)→ウォレットをインポート→(復元フレーズを入力して下さい の右にあるアイコン)QRコードを読み取る

 もしカメラのないデバイスなら、復元フレーズの入力でインポートして下さい。

BTC/BCHを送金・受取する方法

BTCとBCHは別の通貨。必ず確認を

 ビットコインとビットコインキャッシュは別の通貨です。なので、ビットコインウォレットからビットコインキャッシュウォレットへ通貨を送ることはできませんし、逆も然りです。正しいかどうか、必ず確認して下さい。

btc-bch

(受取画面のQRコード表示時、ウォレット名をタップすることで、ウォレットを切り替えることができる)

受取

 メニューの受取から、QRコードと受取用アドレスを表示します。下部のウォレット名をタップし、受け取りに使うウォレットを選択して下さい。

copay-btc

 送金者にQRコードを見せて読み取ってもらうか、送金者にアドレスを教えるか、どちらかが必要になります。

 例えば、対ハッカーの企業姿勢や使い勝手において高い評価を得ている世界最大の香港取引所Binanceから、自分のCopayウォレットへと送金する様子は以下の通り。ほぼ全ての取引所には送金先のアドレスを記憶しておく機能があるので、活用しましょう。

binance-to-copay

送金

 逆に、送金するには受取者のQRコードまたは受取用アドレスが必要です。

  • メニュー→送金→QRコードを読み取り(入力欄右のアイコン)
  • メニュー→送金→受取用アドレスを入力

送金のコツ

 ビットコインは、マイナーのマイニング作業によって取引承認が行われます。早く送金したい場合は、マイナーに多く取引手数料を支払うことで、いち早く送金することができます。一方で、送金時間は伸びても構わないという場合には、取引手数料を節約することもできます。

2018-02-24 22.09.06

国内最安手数料、無料口座開設

Bitbankに登録