iOS 11.3が配信開始、批判殺到の「パフォーマンス制限」を停止する設定画面が追加 すまほん!!

2018-03-30 02.19.27

 Appleは、モバイル向けOSの最新バージョンとなる「iOS 11.3」を配信開始しました。このバージョンに含まれる機能のうち、最も注目すべきはバッテリーのパフォーマンスに関する機能です。

2018-03-30 02.53.25

 バッテリーがどの程度劣化しているのかを確認することができます。確認方法は以下の通り。

  • 設定→バッテリー→バッテリーの状態

 Appleは、これまでバッテリーの劣化具合に応じてCPUのクロック制限を行っていました。しかしユーザーに何の説明もなく、無断で行っていたことにより、ユーザーからは「新機種に買い替えさせるためだ」との批判が集中。Appleは釈明に追われており、現在複数の集団訴訟が進行中です。

 今回追加された機能は、バッテリーの劣化具合を表示した上で、劣化具合に応じたパフォーマンス制限を実行していることを明示。ユーザーが任意でパフォーマンス制限を停止させることができるようになります。

 つまりユーザーは劣化したバッテリーによるシャットダウンが起きるリスクを受けることを引き換えに、最大のCPU性能を引き出す、という選択を採ることができるわけです。

 その他、iOS 11.3において追加された機能は以下の通り。

  • 詳しく読む