Huawei Honor 10発表。怪物級旗艦「P20 Pro」と同等SoCを採用しつつ若者向けの廉価モデル

Huawei honor 10 正式発表

honor10

 Huaweiは、「honor(オナー / 栄耀) 10 (COL-AL10)」を正式発表しました。日本でも発売されたhonor 9の後継機となります。

そもそもhonorとは

 honorは中国では栄耀の名称で販売されています。性能比での価格が安く、コストパフォーマンスにも優れているのが特徴です。

 Huaweiは中国では若者に人気がありません。このためhonor / Maimang / Novaといった若者向けに訴求するブランドを展開し、コスパで勝負しているのです。中国メディアも若者向けのおすすめスマホ記事でhonorを勧めていましたね。

ノッチディスプレイ

honor10-bezelless

 今回発表されたhonor 10は、5.84インチのFHD+(2280×1080)のIPS液晶を搭載。上部にはノッチあり。画面比率はトレンドの最先端となる19:9。かなり縦長ですね。

 画面占有率は86.04%というベゼルレス仕様。最下端には指紋認証センサーを備えます。

huawei-honor10

Sponsored Links

SoCはなんとKirin 970

 モンスター級のカメラとスペックで話題となったフラッグシップモデルHuawei P20 Pro。そのP20 Proが搭載するKirin 970を、このhonor 10も搭載するというのだから驚きです。

 Kirin 970は、Huaweiの子会社HiSiliconが製造。Cortex A73×4 + Cortex A53 ×4の計8コアを搭載したオクタコアプロセッサとなっています。プロセスルールは10nm。性能的にはSnapdragon 835以上、Snapdragon 845未満といったところです。

デュアルカメラ

 デュアルカメラを搭載。レンズはF1.8と明るく、構成はHuaweiならではのRGB 1600万画素+モノクロ2400万画素です。最近、Sony MobileもXperia XZ2 Premiumからこの構成に追随し始めましたね。

スペック

 大容量電池、大容量メモリなど、充実のスペックとなっています。

OS Android 8.1 Oreo + EMUI 8.1
CPU Hisilicon Kirin 970 オクタコア
メモリ 6 GB
容量 64 / 128GB
画面 5.84型2280×1080 IPS
カメラ RGB 1600万画素
モノクロ 2400万画素
インカメラ 2400万画素
電池 3400mAh
その他  USB C, 超音波指紋リーダー

カラーバリエーション

 ボディカラーはMirage Purple、Mirage Blue、Magic Night Black、Gray Gullの4色展開。

スクリーンショット 2018-04-22 22.29.09

 最近流行り始めた光沢ガラスの背面を採用します。

Sponsored Links

価格

 価格は64GBモデルが2599人民元(4.4万円)、128GBモデルが2999人民元(5.1万円)。4.4万円でこれだけのスペックのスマートフォンが手に入るとは驚きですね。