弊誌はアフィリエイト広告を利用しています。

ソフトバンクが配信停止の「+メッセージ」アプリ、再開時期未定。これ、普及するの?

SoftBankのAndroid版「+メッセージ」、配信再開時期未定に

plus-message-logo

 SoftBankは、Android向けの「+メッセージ(プラスメッセージ)」アプリについて、「SoftBankメール」アプリとは分離する形で提供すると発表しました。

 提供時期については未定となっています。配信時期は改めて案内するとしています。

+メッセージとは

plus-message-ss

 「+メッセージ」は、携帯大手3社の提供するメッセージアプリ。RCSを元にしており、SMSと同じく電話番号宛にメッセージを送り合えます。従来のSMSと異なり、動画やスタンプも送れます。国内MNO同士でしか使えません。

トラブル多発のため、分離に

 なぜSoftBankは「+メッセージ」のアプリを分離するのでしょうか。

 実は他2社(ドコモ・au)がSMSアプリの代替という位置づけで、キャリアメールを別途残しています。つまり「+メッセージ」とキャリアメールは並存。SoftBankのみが、キャリアメールアプリも兼ね、「SoftBankメール」アプリを置き換える形で「+メッセージ」を提供していたのです。そもそも分離せず統合していたSoftBankが異例だったというわけ。

 これがトラブルの元でした。これによりSoftBankの「+メッセージ」は過去のSoftBankメールのデータを引き継ぐというニーズを満たす必要性が出てきたわけですが、この引き継ぎの不具合と思しき事象を報告する声がアプリレビュー欄・SNS上に多数寄せられました。メール内容が消えてしまったというのです。

 不具合以外に考えられる原因として、誤ってアプリのアンインストールを実行してしまった事例が多かったようです。「+メッセージ」の存在を知らなかったユーザーとしては、見慣れたSoftBankメールのアプリが消え、突如として見知らぬアプリが出現したようなものなので、不審に思ったユーザーがアプリのアンインストールを実行。メールデータを引き継ぎする前に、丸ごと消えてしまったというパターンですね。

 あまりの苦情の声の多さに、SoftBankは「+メッセージ」アプリを配信停止。SoftBankの「+メッセージ」は盛大に出鼻をくじかれてしまったというわけです。配信停止も、アプリの分離も、当然ですね。

追記:プラスメッセージアプリの配信が再開されました。

iOS版は既に配信中

 iOS版の+メッセージアプリは、2018年6月21日から既にApp Storeで配信中です。なお、重要なこととして、MVNOでは利用できません。

そもそも+メッセージは普及するのか

メインにはならないのでは

 キャリアメールのあまりの出来の悪さに、コミュニケーションの主役を完全にLINEに奪われてしまった携帯キャリア。それを挽回すべく、完全通話定額制、そして今回「+メッセージ」を投入してきたわけです。

 はたして普及するのか。普及するかどうかで言えば、まあいくら出来が悪くともある程度普及はするでしょう。今後のMNOのAndroid端末には「+メッセージアプリ」がデフォルトでプリインストールされるからです。

 日本ではiOSシェアがやたら高い一方、iOSにはキャリア製アプリはプリインストールはできません。せいぜいキャリアプロファイルと一緒にショートカットを入れるぐらいでしょうか。(そもそもiOSシェアが異常に高いのは、iPhoneを販売施策上優遇してきた携帯キャリアが原因でもあるのですが)

 既に友人間のコミュニケーションの「宛先」として、キャリアメールアドレスはおろか電話番号すら、存在感を失ってきています。単なる友達はLINEにいて、その友達の電話番号は知らない、ということも増えています。むしろ、友達にいちいち電話番号を教えたくないという人もいるでしょう。電話番号だけで使える!という最大のメリットが、実はデメリットになっている可能性もあるわけです。

 また、家族とはお互いに電話番号は知っているでしょうが、既に家族との連絡にLINEを使っているという人も増えてきたのではないでしょうか。家族の誰かがMVNOを利用しているパターンも、障害となりそうですね。LINEなら確実に全員が使えます。相手がMVNOだろうが、PCだろうが、ガラホだろうが、海外留学中の友人家族だろうが、とりあえず使える、これがマルチプラットフォームを進めてきたLINEの強みです。

 こう考えると、「+メッセージ」は、いくらか浸透はしますが、決してコミュニケーションのメインにまではなれないのでは、と思います。

 ただの囲い込み、MVNOへの嫌がらせに終わらせるのではなく、MVNOにも開放するといった戦略転換があれば、まだ可能性はあるのかもしれませんが……。

ビジネス用途

rcs

 腐ってもRCSですからビジネス用途には可能性があり、面白そうです。ただ、企業が何かを宣伝したい時、「友達」という一歩踏み込んだ形でプロモーションを行えるLINEには優位性があるので、LINEの需要を根こそぎ全部奪えるというと、そこまでは厳しそうです。

情報元SoftBank

携帯会社・料金プラン」についての他の記事

イオンモバイル、スマホメンテナンスをリニューアル。診断メニューを追加

2023-12-04 13:47:56會原

イオンモバイルスマホメンテナンスレポート

イオンリテール株式会社は、イオンモバイルのスマホメンテナンスのリニューアルを発表しました。「車には車検があるのに、スマホにはない」と1年前に開始したスマホメンテナンス。トラブル解消ではなく、定期的メンテナンスによりトラブル発生を未然に防ぐことで、顧客体験価値を高める意図があるといいます。イオンモバイルの端末や料金の相談が可能。2022年10月以降累計利用数は4600名。60代以降が32.3%、70...

mineo、「カケホ割」開始。12月15日からは「Mode1 RETROⅡ」取り扱いも

2023-12-01 18:51:00會原

3g停波mineoMode1 RETROⅡMVNO

MVNOサービス「mineo(マイネオ)」は、本日より、10分かけ放題/時間無制限かけ放題が最大4カ月間550円/月割引になるキャンペーンを実施すると発表しました。通信速度最大32kbpsで使い放題の「マイそくスーパーライト(250円/月)」を組み合わせると、キャンペーン期間中は250円/月で利用できるとしています。キャンペーン期間終了後は800円/月。このほか、2023年12月15日より、ガラケ...

ソフトバンク版Xiaomi 13T Pro、価格11万4480円に。

2023-11-29 23:10:00會原

Xiaomi 13T Pro

ソフトバンクは、「Xiaomi 13T Pro」を12月8日に発売すると発表しました。国内MNO(自社網を持つ携帯会社)としては「独占販売」となります。価格は、一括払い通常価格11万4480円。Xiaomi 12T Proはかなり高額だったので、価格面での努力も伺えます。「MNP(電話番号そのまま乗り換え)」または5~22歳新規契約にて、指定料金プラン(ペイトク/メリハリ無制限+スマホデビュープラ...

ソフトバンクデビュー割、12月1日以降提供へ

2023-11-28 18:28:58會原

SoftBankソフトバンクデビュー割

ソフトバンクは、「ソフトバンクデビュー割」を12月1日以降、提供すると発表しました。5~22歳は「スマホデビュープラン+」の「ベーシック」が対象。6ヶ月間、デビュー特典として1650円を月額料金から割引。その家族には総額最大1万2000円相当(1000円×12ヶ月)のPayPayポイントを進呈します。...

楽天モバイル、加入者600万人突破。

2023-11-27 13:43:27會原

楽天モバイル

楽天グループの三木谷浩史会長は、楽天モバイルの加入者が600万人を超えたと発表しました。この数値にはMNOだけではなく、MVNO加入者も含むとしています。楽天モバイルは2021年8月に、MNO+MVNO合算値で契約数500万突破、2023年8月にMNO単体の契約者数で500万回線を突破したと発表しています。楽天モバイルの加入者数(含、MVNO)か600万人を超えました。これからも絶え間ない品質向上...

UQ mobile、親子応援割開始へ。12ヶ月間「1320円」と10GB増量

2023-11-27 13:31:15會原

UQ Mobile

KDDIは、「UQ親子応援割」を2023年12月1日から提供すると発表しました。18歳以下利用者とその家族が対象。12カ月間、「コミコミプラン(3278円/月)」の月額料金を1320円割引するとのこと。このため、1年間は月額1958円で利用可能。さらに18歳利用者の月間データ容量を10GB増量するとしています。...

携帯値引き「4万円」新上限、12月27日に正式導入!

2023-11-23 16:54:46會原

値引き規制白ロム割総務省

総務省は、情報通信行政・郵政行政審議会から意見募集を踏まえた答申を受け、省令改正すると発表しました。これまで議論されてきた割引上限規制の見直しが正式に導入されます。4万円以下の値引き上限額は2万円、4~8万円は価格の50%、8万円以上の端末は4万円となります。たとえばハイエンド端末ならMNPで4万円値引きとなることが想定されます。ただし、これまで主に規制潜脱のために提供されてきた「白ロム割」は、今...

すまほん!!を購読しませんか?

Twitterでも最新更新を配信・通知しています

𝕏 フォローする 再度表示しない