ファーウェイ、世界初の折りたたみスマホ投入か。BOE製ディスプレイ使用

huawei-p20pro-twilight-color

 Nikkei Asian Reviewは、アナリストや業界筋を情報源に、Huaweiが画面を折り畳めるスマホを世界で初めて商用展開する計画であると報じました。

 折りたたみスマホには、BOE Technology Groupが製造したフレキシブル有機ELディスプレイを使用するとのこと。

boe-flexible-amoled

(BOE製7.56型フレキシブルAMOLEDパネル)

 Huaweiの計画に精通している筋によれば、技術実証目的で出荷数は2〜3万台に制限される可能性があると述べました。Huaweiは「世界初」を重視しているとのこと。

 以前Samsungの折りたたみGalaxyがされた時も、Samsungはまずはゲーミング用途の折りたたみ機種を少数先行投入し、後に大規模展開する計画と伝えられていましたので、Huaweiも似たような考えであると思われます。

 Huaweiの折りたたみ機の価格と発売市場は不明であるものの、Yuanta Investment ConsultingのアナリストJeff Pu氏が、この製品は2019年の非常に早い時期に出るとしています。

 他の情報源によれば発売日は技術開発とパネルの耐久性によるとしています。まだ改善の余地があるとのこと。

 HuaweiとBOEの動きは自社技術の能力実証というマーケティング側面が考えられます。BOEは政府から多額の補助金を受け、既に大型ディスプレイで世界有数の巨大メーカーです。量子ドットディスプレイや折り畳みOLEDなど次世代技術の開発に熱心であり、次期iPhoneへの有機EL出荷の噂もあります。

 Samsungの同種の端末は、7.3インチの折り畳みディスプレイを搭載、耐久性試験では2万回折りたたむことができ、価格は1500ドルから2000ドルの間になると、情報源は語っています。Microsoftも折り畳みPC「Andromeda」を投入するとされており、折り畳みというのが2019年のトレンドになることは間違いなさそうです。