視野210度!次世代VRを謳う「StarVR One」正式発表 すまほん!!

starvr

 StarVR Corporationは、カナダのバンクーバーで開催中のしている世界最大のコンピューターグラフィックス見本市「SIGGRAPH 2018」にて、次世代VRヘッドセット「StarVR One」を正式発表しました。

 パネルは特注によりコントラストと鮮明なカラー表現を実現。リフレッシュレートは90Hz、 1600万サブピクセルのAMOLED。

starvr

 本機の最大の特徴が業界最大となる最広視野角210度。垂直視野130度。人間の視野角に最も近く、高い没入感を得られます。

starvr-210

 最新の内蔵型アイトラッキングは、瞳孔間距離(IPD)を自動測定。目の焦点が合った箇所に高品質レンダリングを集中します。

d30763-2-213062-10

 モデルは2種類。SteamVR 2.0トラッキングソリューションに対応したStarVR One、光学トラッキングシステムを採用したStarVR One XT。

d30763-2-989732-9

ディスプレイ 2 x 4.77” AMOLED
解像度 1600万サブピクセル
fps 90 Hz
視野角 水平210度 / 垂直130度
接続 Type C, 3.5mmオーディオジャック
重量 StarVR One 450g
StarVR One XT 430g
 動作要件 64bit Windows 10
Intel Core i7-7700 or AMD Ryzen 7 2700X
NVIDIA GeForce GTX1080
実行16GBメモリ

 現状ではまだコンテンツが揃っていませんので、開発者向け。開発SDKがあるのでコンテンツ開発は可能。StarVR Oneの開発にはIntel、NVIDIA、Epic Gamesなどが提携しているので、今後の拡充に期待したいところです。