カスペルスキー、iOS向けアンチウイルスアプリが存在しない理由を解説 すまほん!!

kaspersky

 セキュリティ企業Kasperskyの公式ブログ「Kaspersky Lab DAILY」は、自社製品ラインナップ上にiOS向けのアンチウイルスアプリが存在しない理由を解説しました。

 iOSは非常に安全に設計されており、アプリはAppleが審査しているのはもちろん、アプリはサンドボックス内で実行され、OSに手を出すことはできません。制限ゆえに、他のアプリを監視するようなアンチウイルスソフトを作ることもまた不可能、というのが理由としています。

 一方でApp Storeを検索すると「セキュリティアプリ」などと称するものがいくつかあることにも言及。こうしたアプリはフィッシング対策、トラッキング対策、VPN、ペアレンタルコントロール、パスワードマネージャー、広告ブロッカー、盗難対策といった有用な機能を持っているとしつつも、厳密な意味でのアンチウイルス製品はiOSで動作できないので、これらを「インターネットセキュリティ」と呼ぶのは混乱の元であると指摘しています。

 Kasperskyは、公共Wi-Fiで通信の重要な情報を保護するVPNアプリ「カスペルスキー セキュアコネクション」も提供しています。しかしインターネットセキュリティアプリの主要機能はアンチウイルスであるべきという暗黙の了解に従い、誤解を招く製品名を採用していないようです。

 また、Kasperskyはマルウェア以外にも、フィッシング、スパム、ネットワーク上でのデータ傍受、プライバシーへの脅威も存在すると指摘。iOSを使う場合でもユーザーはサイバーセキュリティの基本は抑えておくべきだと警鐘を鳴らしています。