Appleのスマートカー開発が裁判から判明。中国人技術者、機密盗もうとし逮捕

 Appleの現職エンジニアであるJizhong Chen氏が、FBIによって逮捕されたことがわかりました。南華早報が報じています。

 2018年11月11日、Apple車の自動運転車プロジェクトを収容する作業空間内で、Chen氏が盗撮していたようです。この写真や、プロジェクトのマニュアルや回路図など約2000ファイルを自身のHDDに保存したと認めているとのこと。

Sponsored Links

 Chen氏は写真や文書は社内の仕事のためと主張しているものの、訴状によれば、Chen氏は中国の会社Xiaopeng Automobileに転職を申し込んでおり、つまりHDDを機密ごと中国の競合他社に持ち込むつもりであったことが予想されます。

 米中貿易戦争の激化により、産業スパイを優先的に訴訟できる政策を米司法省は発表しており、こうした取り締まりの強化が行われている模様です。

 Appleがスマートカー、自動運転車を開発するとの噂は長年ささやかれてきましたが、改めて司法の場で明らかにされた形です。

 2018年7月には、他の元AppleエンジニアZhang Xiaolang氏がApple開発の自動車の機密情報を中国のスタートアップに渡そうと試みて起訴されたことがあります。