ドコモ新プランは「ギガホ」「ギガライト」か?容量無制限データ通信に期待 すまほん!!

 株式会社NTTドコモは3月25日に「ギガホ」「ギガライト」を商標登録出願したことがわかりました。通信料金のプラン名と思われます。

 NTTドコモは2014年、完全通話定額制料金プランとして「カケホーダイ」を発表、後に5分以内の通話が無料な部分通話定額制「カケホーダイライト」も導入しています。通信容量の単位として定着しているギガバイト(GB)を組み合わせた新料金プランの名称であると予想できます。

 カケホーダイは国内通話24時間無料となっていますが、そこから類推するに、ギガホはデータ通信無制限ということなのでしょうか?

Sponsored Links

 意匠ロゴのうち、ギガホは赤い線が横一直線に、ギガライトは階段状になっています。このことから、ギガホは完全定額制、ギガライトはauピタットプランのような段階制の可能性が推測できます。

 類似の名称のプラン(ギガ放題)はUQ WiMAXにもあり、このプランはWiMAX2+通信は月間データ量の制限がありません。また、ドコモの競合であるSoftBankは、カウントフリーの月間データ量50GBのプラン(ウルトラギガモンスター+)において、期限付き(ギガ使い放題キャンペーン)という形ではあるものの、既に月間データ量無制限を実現済み。

 高速・低遅延・大容量を特徴とする次世代モバイル通信5Gでは、無制限のデータ通信プランの提供も期待されています。アメリカでは5Gは固定回線の置き換えから開始されているほか、韓国キャリアKTは(2日連続53GB超過時の1Mbps制限こそあるものの)月間データ量無制限の「5Gスーパープラン」を提供しています。

Sponsored Links

 こうした昨今の事情からも夢の無制限プランを期待してしまうところ。ドコモは2019年秋以降に5Gプレサービスを開始、2020年春に商用サービス開始予定です。

 このほか、ドコモは政権を忖度した4割値下げプランを導入するとも報じられており、このプランの名称である可能性があります。4割値下げプランの発表時期としては2019年4月~6月が有力視されています。官邸からはできるだけシンプルなプランの現出が期待されているだけに、料金プランを二本に絞ることで、お上の意向をうまく忖度することができそうです。

2019年4月15日15時23分追記:ドコモ、30GB以降は1Mbps制限のギガホ、段階制ギガライト正式発表。