ドコモ、30GB以降は1Mbps制限のギガホ、段階制ギガライト正式発表。

 NTT docomoは、新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」を正式発表しました。


最大4割値下げの新料金プラン「ギガホ」と「ギガライト」

シンプルな料金体系に

 従来はパケットパック・ISP・基本プランなどを組み合わせる形でしたが、これをワンパッケージに。最大4割値下げといいます。

 新料金プランは、ネット使い放題のギガホ、使った分だけのギガライト2種類。2年後に料金が上がるということは無いとし、つまり月々サポートのない分離プランです。

ネット使い放題「ギガホ」

 ギガホは30GB/月のプラン。4980円、5980円などスライドによって表示料金が異なりますが、これらは家族割や半年間の1000円引きキャンペーン前提の価格で、実際の値段は税別8480円。定期契約(2年縛り)ありで税別6980円。

 通話は30秒あたり20円。かけ放題オプションは1700円。5分通話無料オプションは700円。

 月間データ容量30GB超過後の通信速度制限は、1Mbpsに。従来の旧態依然とした128kbpsは現在のWebの世界を無視した酷いものであり、1Mbpsという制限速度は韓国や中国にようやく追いつく水準です。

 ドコモ曰くブラウジングや動画が楽しめるなどとしています。

使った分だけ「ギガライト」

 段階制のギガライト。使った分だけ料金が発生。好評だったauピタットプランへの追従ですね。制限後の速度は128kbps。

家族割

 家族割もシンプルに。

長期契約特典

キャンペーン

  • ギガホ割:2019年9月30日(月曜)までに「ギガホ」に加入すると最大6か月間、月額1000円割引。
  • はじめてスマホ割:ケータイからスマホへ初めて移行する時に「ギガホ」「ギガライト」に加入すると最大12か月、月額1000円を割引。

「ギガホ」と「ギガライト」の提供開始日

 5月22日予約受付開始、6月1日提供開始。現在契約中のプランは継続可能。

 ただし「カケホーダイ&パケあえる」「docomo with」「月々サポート」「端末購入サポート」などは2019年5月31日をもって新規受付を終了。これらは新料金プランには引き継ぎできず、端末購入サポートは新料金プランに変更すると解除料が発生してしまうので注意が必要です。月サポが残ってる、端末購入サポートがまだある、そういった人はまだ無理に新料金プランに変更しないほうがよさそうです。

料金シミュレーター

 ドコモが本日公開予定と言っていた料金シミュレーターのページが公開されました。

総評:うーん、制限後速度1Mbpsは素晴らしいが……

 まともにブラウジングすらできず、速度追加ページに辿り着いてページ遷移して容量追加することすら辛い、128kbpsという過酷な制限後速度を足並み揃えて設定している、異常な我が国の携帯業界。ここが突き崩されたのは大歓迎。全社追従すべきです。

 発表は、首をかしげる点が少なくありませんでした。制限後速度1Mbpsは素晴らしい改善ですが、動画は1Mbpsでは、例えば動画ユーザーの圧倒的多数であるYouTubeは、480p以下の低解像度を強いられるはず。単に「動画以外の多くの用途で快適」といった、誤解のないシンプルな表現で良かったのでは。

 また、「全員月1GBしか使わない家族」というごく限定的な仮定で「4割値下げ!」というプレゼンスライドには唖然としました。老人しかいない世帯だけ見てるんでしょうか?そもそも政府が過度に首を突っ込んで忖度していること自体がおかしいので、「4割」はどうでもいいかもしれませんが。

 大して安くなってない、という人も少なくないでしょう。シェアパック廃止も痛いところ。docomo withをフル活用していた人には特に値上がりを感じるでしょう。こちらのページから新料金プランのシミュレーションが可能です。

 また、通信料からの割引は廃止で、新料金プランではdocomo Wi-Fi永年無料も廃止(2020年6月30日までは無料)なので、トータルで値上げになる人も多そうです。「え、いろんなものを廃止して、これだけ?」というのが本音ではないでしょうか。結局キャンペーンやら光セット割やら何やらで言うほどシンプルではありませんし。

 IP電話・通話アプリが若者のスタンダードになりつつあった5年前、ドコモが導入したカケホーダイ強制による事実上の値上げにしても、得をしたのはLINEを使わない中高年ばかりでした。今回も得をしていると言えるのは全然通信せずプランの工夫もせず端末も買い換えない人が中心。想定ユーザーがはっきりしてますね。

 今回の新プラン、「30GB+制限後1Mbps」に魅力を感じられる人ならアリですが、安くならない人や合わない人は、乗り換えも検討しましょう。ソフトバンクのウルトラギガモンスター+はSNS/動画をたくさん楽しむ若者とヘビーユーザーに嬉しい、最高のプランです。とにかく安くしたいならMVNO。回線品質も適度に欲しいならサブブランド。不満のあるサービスはさっさと捨てて常により良いものを追い求める姿勢が大切です。