ソニー、スマホに全力宣言。コスト半減と「黒技術投入」を約束 すまほん!!

 中国有名リーカーZackbuks氏は、ソニー強力官宣(公式発表)なる中国向け文書をリークしました。中国市場の関係者に向けた宣言であると思われます。

Sponsored Links

 それによるとSony China広報担当者は、北京ソニーエリクソンモバイルコミュニケーションズ(BMC)の工場が3月末に生産停止と発表。BMCはSony Mobileが51%株式を所有しています。

 この件について、ソニーは元々タイにBMC用とSTO用に2つの携帯電話製造工場を持っていたといいます。BMCの生産停止の主な理由は生産量の減少と作業の不十分によるもの、そしてタイへの生産移管がないことであるとのこと。将来的にはソニーはタイの工場でスマートフォンを製造し続け、現在のODM製造含む最良の製造ソリューションを求め続けるとしています。

 Sony MobileはBMCでの生産を停止したものの、中国市場でのスマホ販売とマーケティング活動を継続、中国でのサービスを継続するとしています。ソニーグループはXperiaスマートフォンをさらに強化するため、テレビ、オーディオ、ビデオ、デジタルイメージングなどの革新的技術とビジネスプラットフォームを最大限活用していくとのこと。

 「ソニーモバイルは通信技術の資産と経験を有する唯一の事業であるため、ソニーはスマートフォン事業に全面的に投資する」と、ソニー広報担当者はモバイル事業の重要性を強調したとのことです。

 世界のスマホ市場が2年連続低迷する中、モバイル事業は2020年度に6~700万代の売上と収益性を達成することを目標としており、2017年水準の半分に運用コストを削減する計画であるとのこと。

 上記計画を実行するにあたりSony Mobileは改革措置を2020年到来までに断行。2018年に新たに任命された経営陣のリーダーシップの元、Sony Mobileは製品競争力を積極的に強化。オーディオとテレビ部門にモバイルは統合再編されたとのこと。各事業部は「ソニーの黒技術(原文:索尼黑科技)」の完全統合のためにさらに協力し、製品カテゴリにまたがる革新的な製品を生み出し、ユーザーに新しい価値を創造するために協力するとしています。

 ちなみに黒技術とは、ライトノベル「フルメタルパニック」内の架空技術ブラックテクノロジーを語源にした中国ネット用語。一見理解できない凄まじい先進技術への敬愛が込められており、ソニー製品に使われることの多かった言葉です。今となっては社の文書で使われる程度には結構通じる用語なんでしょうか。

Sponsored Links

 現在、ソニーは中国に5つの工場を持っているとのこと。BMC廃止プログラムの実施により、モバイル事業の全体的な生産および運用効率を向上させることを目的としているとのことですが、他部門には影響を与えないとか。過去数年間でソニーの電子事業は好調に推移しており、同社の重要な利益貢献の柱に。先進的で成熟した製造拠点である中国の工場が、引き続きその強さに貢献することを願うと共に、ソニーの最も重要な戦略的市場として中核であることは変わらないとしています。モバイル以外の中国にある工場は引き続きやっていくということなのでしょうね。

 以上、中国向けの文書とされるものが真実であれば、工場閉鎖で動揺する中国のモバイル事業関係者・販売従事者を励ますものでしょう。

 ソニーモバイルは市場を欧州と東アジアに絞り込むと日経が報じています。少なくとも中国市場では全力投球で臨む、というのは確度が高そうですね。

関連:究極の映画スマホ誕生!ソニーの技術満載「Xperia1」国内発表レポ

Xperiaをオンラインで購入する。(解説
ドコモ au SB Y! UQ 楽天 ETOREN