ソニーモバイル、北京工場閉鎖 すまほん!!

 ソニーは、北京ソニーエリクソンモバイルコミュニケーションズ(BMC)のスマートフォン工場を持っていますが、ロイター通信が報じたところによると、ソニーが月末までにこれを閉鎖することを明らかにしたとのこと。今後、ソニーモバイル製のスマートフォンはタイの自社工場での生産や他社への生産委託になるものと見られます。

Sponsored Links

 現在、ソニーモバイルの世界シェアはわずかに1%未満となっており、販売数も悲惨な状況になっています。5Gを見据え、2020年度会計の黒字化を目指しています。

 ロイター通信は、富士通が携帯電話事業を投資ファンドPolaris Capital Groupに売却したことから、日本のスマートフォンメーカーはソニー、シャープ、京セラの3社だけになったと指摘。現在、世界市場の主要プレイヤーは米Apple、韓国Samsung、中国メーカーとなっています。

 Samsungは昨年、中国市場での販売低迷により、中国天津スマホ製造工場を操業停止しています。

 中国のソニー関連情報のリーカーZackbuks氏は、既にフラッグシップはタイ工場で生産していることを指摘。中国は関税も人件費も高いが、タイは関税も人件費も低いとの見解を示しています。

Xperiaをオンラインで購入する。(解説
ドコモ au SB Y! UQ 楽天 ETOREN