microSD、Wi-Fiなど各種業界団体が一斉にファーウェイを除名。 すまほん!!

 米国の事実上の対Huawei禁輸措置を受け、GoogleはAndroid関連サービスを提供停止、ARMも取引停止。この措置の余波は加速度的に拡大しています。

 GoogleはHuawei社製の既存端末含む全機種を、Android Enterprise Recommended DeviceとAndroid Q Betaプログラムのリストから、全て削除しました。

 これまでGoogleはHuawei Mate 20を始めとする様々なスマートフォン・タブレットを法人用途に推奨してきましたが、これらはもう推奨リストにはありません。Android.com上に紹介されていたMate XやP30 Proも全て削除。

 さらに規格標準化を担う業界団体であるSD AssociationやWi-Fi Allianceは、Huaweiを除名しました。

 この件についてHuaweiは既存端末でのmicroSDカードの使用に関しては影響を受けないとしています。また、Huaweiは最近、独自規格のNMカードを外部ストレージに採用しており、今後の新規端末はNMカードを採用していくはずで、SD Association追放による影響は最小限になるでしょう。

 この動きにまだBluetooth SIGは反応を見せていませんが、Wi-Fi Allianceに倣いHuaweiを追放する可能性はあります。

 このほか、米政府の制限により、HuaweiはJEDEC 半導体技術協会を自ら離脱します。

 米国による対Huawei制裁による影響は大きく、早期の米中妥結が望まれます。

こんな記事も読まれています

超便利!Android に通貨や長さの単位をサクッと変換できる機能が追加される

アメリカ、対Huawei制裁強化へ

ファーウェイ、極秘裏に北朝鮮の無線ネットワークを構築。証拠文書暴露

超党派で新法提出。ファーウェイへの制裁、緩和には「米議会の承認」必須に?