ファーウェイ、HarmonyOSをスマートウォッチに搭載へ すまほん!!

 HuaweiのシニアバイスプレジデントVincent Yang氏は、Huawei独自開発のHarmonyOS(鴻蒙OS)を、スマートウォッチに搭載する方針を明らかにしたと、CNETが報じました。

 水曜日にニューヨークでのイベントにてメディアに対して明らかにしたとのこと。スマートフォンに対しては採用したくないとしつつも、今後の情勢次第では搭載せざるを得ない、プランBとして機能するとのこと。

 Harmony OSを搭載するテレビを発表する予定であり、スマートウォッチも発売する予定だと述べたとのこと。

 HuaweiはかつてスマートウォッチにAndroid Wear(Wear OS)を採用していましたが、最近独自OSも採用を進めており、特に不思議な話ではありません。

 HarmonyOSは、Huaweiの発表した独自OS。Linuxカーネルではなくマイクロカーネルを採用しリアルタイム処理に優れたOSとします。

 今回のニュースから、Mate 30シリーズにはAndroid OSが搭載されることが伺えます。

こんな記事も読まれています

噂:ファーウェイ「Mate 40 Pro」の3Dレンダリング。物理音量キー復活!

ファーウェイ、HarmonyOS搭載機を「今年3億台~4億台」に

TizenとWear OS、まさかの統合!

「Huawei Mate 40」は5Gミリ波や急速充電に対応か?ティザーから判明

ファーウェイ、新型MatePad Proを発表!HarmonyOS搭載、スナドラ870も採用