ファーウェイ「Mate 30」「Mate 30 Pro」正式発表。7680fps超スロモやISO感度51200録画などぶっちぎりのカメラ すまほん!!

 Huaweiは9月19日、最新のフラッグシップスマートフォン「Mate 30」「Mate 30 Pro」と、その5G対応モデル「Mate 30 5G」「Mate 30 Pro 5G」を正式発表しました。

Sponsored Links

Huawei Mate 30 Pro

Mate 30 Proのスペック

 上位モデルのMate 30 Proはクアッドカメラを搭載。RYYBセンサーを採用するも、光学ズームは5倍ではなく3倍。

 6.53インチの有機ディスプレイの側面は88°のカーブディスプレイになっています。

(画像出典:Android Authority 曰く、Waterfallエッジ部分に音量キーが統合されたが、正確にスライドしなければ動作せず、音量キー廃止とWaterfall採用は価値のあるトレードオフとは思えないとのこと)

 画面内指紋認証、リバースチャージ、40Wの急速充電に対応しています。

OS Android 10, EMUI 10
CPU HiSilicon Kirin 990 (7 nm+)
メモリ 8GB
容量 128/256 GB, 
画面 6.53型
カメラ クアッドカメラ
40 MP (超広角,Cine Camera, f/1.8 aperture)
40 MP (高感度カメラ, f/1.6 aperture, OIS)
8 MP (望遠カメラ, f/2.4 aperture,OIS)
3D ToFカメラ
インカメラ デュアルカメラ32 MP
3D TOF カメラ,ジェスチャーカメラ,近接カメラ
電池 4500mAh
寸法  158.1 x 73.1 x 8.8 mm  198g
その他  画面内指紋認証、急速充電40W,リバースチャージ

7680fpsでのスローモーション撮影やジェスチャー操作など新機能盛りだくさん

 Mate 30 Proは前面のジェスチャーカメラを利用したジェスチャー操作に対応。画面に触れることなく、スクロールといった簡単な操作を行えます。

Sponsored Links

 加えてスマホで世界で最高7680fpsでの超スローモーション撮影も。

 また、ISO51200での動画撮影も可能と他の追随を許さないぶっちぎりのカメラ性能を持ちます。

 4Kタイムラプスにも対応します。

Huawei Mate 30

Mate 30のスペック

OS Android 10; EMUI 10
CPU HiSilicon Kirin 990 (7 nm+)
メモリ 8GB
容量 128GB, 
画面 6.62型
カメラ トリプルカメラ
40 MP, f/1.8, 27mm (標準), 1/1.54″, PDAF, Lazer AF
8 MP, f/2.4, 80mm (望遠), 1/4″, PDAF, Lazer AF, OIS,光学3倍ズーム
インカメラ 24 MP, f/2.0
電池 4200mAh
寸法  160.8 x 76.1 x 8.4 mm, 196g
その他  画面内指紋認証、急速充電40W,リバースチャージ

 通常モデルのMate 30はトリプルカメラ。ディスプレイは6.62インチ有機EL。40Wの急速充電やリバースチャージはこちらのモデルも対応しています。

カラーバリエーション

 Mate 30とMate 30 Proは下記6色の展開となっています

  • Vegan Leather オレンジ (5G版限定)
  • Vegan Leather フォレストグリーン(5G版限定)
  • コスミックパープル
  • スペースシルバー
  • エメラルドグリーン
  • ブラック

Huawei Mate 30/30 Proの日本での発売

 現時点では日本での発売はアナウンスされていないようです。

Sponsored Links

 昨今の米中貿易戦争を巡り、Mate 30シリーズはGoogleのアプリパッケージ(GSM)が搭載されておらず、「Google Play」や「Gmail」といったアプリはインストールされていません。そのため、日本での発売の可能性は高くなさそうです。

Huawei Mate 30/30 Proの価格

  • Mate 30 8GB/128GB:799ユーロ(日本円で約9万5000円)
  • Mate 30 Pro 8GB/256GB(4G):1099ユーロ(約13万8000円)
  • Mate 30 Pro 8GB/256GB(5G):1199ユーロ(約14万3000円)
海外スマホ個人輸入の定番
etoren
ETOREN イートレン
使い方
ETOREN(解説) Banggood(解説) GearBest(解説) Geekbuying(解説) TOMTOP
中華ガジェット個人輸入の定番サイト