0GB基本料150円から気軽に使える「IIJmio eSIMサービス データプラン ゼロ」3月19日より提供開始 すまほん!!

 IIJは、個人向けモバイルサービスにおけるeSIM対応のデータ通信サービス「IIJmio eSIMサービス データプラン ゼロ」を発表。2020年3月19日より提供開始。

 SIMカードというのは、通信サービスの利用に必要なユーザー情報が書き込まれています。これを物理的なSIMから、遠隔で書き込み可能にした組み込み型のSIMがeSIMです。iPhoneやPixelなど、eSIM採用端末が増えており、これらに対応したサービスというわけです。

 IIJは既に2019年7月より、国内初eSIMサービスのベータ版(6GB/月額1520円)を先行提供中でした。このサービスの正式版という位置づけ。

 付帯するデータ通信量はなく、必要な時に必要な分だけデータ通信量を追加可能。月額基本料は150円。eSIM専用データ料金は、1GB 300円、2GB以降 450円。

Sponsored Link

 iPhoneやPixelでは「デュアルSIMの二番目」としてeSIMが搭載されている現状、ユーザーの用途としては、IIJのeSIMサービスを「メイン回線の補完(圏外、緊急時)」に備えるサブ回線といったものが少なくないはず。そういった場合には、利用するデータ通信量はそれほど多くないはずで、ベータ版の「6GBのみ」というのは中途半端。なので「基本料150円、1GB単位でギガ追加」というのは、理にかなっている、お得に使える人も一定数いるように思います。

 国内大手キャリアは顧客流出を恐れてeSIMに及び腰、これに積極的なのがIIJや楽天モバイルといった挑戦者という構図。今後もeSIM採用端末は増えていく見通しであるだけに、こういった動きは応援していきたいところです。

 なお、IIJのeSIM動作確認端末は以下の通り。Apple Watch GPS + Cellularモデルでは動作しません。また、キャリア版はSIMロック解除が必要。

Sponsored Link
  • Apple iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max
  • Apple 11インチiPad Pro、12.9インチiPad Pro(第3世代)、iPad Air(第3世代)、iPad mini(第5世代)、iPad(第7世代)
  • Google Pixel 4、Pixel 4XL
  • Microsoft Surface Pro LTE Advanced、Surface Pro X
  • ASUS TransBook Mini T103HAF-LTE、T103HAF-GR079LTE