シャープ、LTE特許侵害でOPPO製スマホ台湾販売代理店を訴訟提起 すまほん!!

 シャープは、 台湾において販売されているOPPO(Guangdong OPPO Mobile Telecommunications Corp., Ltd)社製スマートフォンが、シャープのLTE関連特許1件を侵害していると判断したと発表。

 2020年4月1日、OPPO製スマートフォンを台湾にて販売する販売代理店1社に対し、台湾知的財産法院に特許侵害に基づく損害賠償請求訴訟を提起したとのこと。

 シャープは通信技術の分野において世界50か国以上で6000件以上の通信規格特許を保有、これら知的財産権を重要な経営資源と位置付けており、今後も知的財産権侵害には常に厳正に対処していく所存であるとしています。

 シャープとOPPOは以前から特許で争っています。