Pixelのカメラ開発者がGoogleから退職。 すまほん!!

 海外メディアThe Informationは、GoogleのMarc Levoy氏が3月に退職したと報じました。

 同氏はGoogleにエンジニアとして勤め、Pixelスマートフォン向けのNight Shift夜景モードやHDR+撮影などの写真技術の開発チームを率いてきました。ところがLinkedinによると、現在は退職、スタンフォード大学で教授をしていることが確認できます。

 GoogleのPixelシリーズは圧倒的なAI・ソフトウェア処理によって、カメラセンサーのハードウェアの優劣によらない、強力な画質を実現してきました。

Sponsored Link

 このほか、Googleで製品管理のGMおよびVPを務めていたMario Queiroz氏も、1月に退職しています。

 Pixel 4の売り上げが好調でないことに社内から批判があり、さらにGoogleの広告収入の低迷とコスト削減も背景にあるものと見られます。

 Pixelシリーズのカメラには毎回驚かされるばかりで、楽しみにしていたため、個人的にも今回の重要人物の離脱は非常に残念。

 とはいえGoogeがPixelスマートフォンを諦めるということではなく、将来のPixelスマートフォン向けの独自SoCの開発や、Pixel 4aの市場投入と言ったポジティブな情報もあることから、今後も期待しておきたいところです。

Pixelをオンラインショップで購入。(解説
docomoオンラインショップ SoftBankオンラインショップ Google Store