モバイルバッテリー+電源アダプターが合体!最強最新「Anker PowerCore Ⅲ Fusion 5000」レビュー すまほん!!

 Ankerより大人気のFusionシリーズの新モデル、Anker PowerCore Ⅲ Fusion 5000を購入しましたので、レビューしていきます。

 Fusionシリーズは、電源アダプターとモバイルバッテリーが一体になったモデルです。モバイルバッテリーは、使用したあと充電が必要です。充電するにはmicroUSBやUSB Type-Cケーブルが必要になる上、充電中は自分のスマホを充電できなくなる場合もあります。

 しかし、Anker PowerCore FusionシリーズならACアダプタが一体になっているので、コンセントに指すだけでモバイルバッテリーを充電できます。それに加えて、電源アダプターにもなるので、充電中に接続するとスマホも充電できます。めちゃくちゃ便利な製品です。

 内容物はAnker PowerCore Ⅲ Fusion 5000と簡易説明書と簡易ポーチ。

 今回発売されたのはUSB Type-Cで最大18W、USB Type-Aで12Wの製品です。しかも今回から新たに搭載されたAnker PowerIQ 3.0はGen 2になり、USB Type-Cによる5V3Aに対応しました。これを望んでいました。コレですよね!

Sponsored Link

 電池残量は端子部分に移動しました。LEDのインジゲーター4つで表します。二度押しすることでLEDが緑色になり低電力モードで動作します。これによりワイヤレスイヤホンなどを充電することができます。

 日本国内では前モデルに当たるPowerCore Fusionと比較します。大きさは一回り大きくなりました。

 端子部分を比較するとmicroUSBポートがなくなりました。従来のモデルではmicroUSBでもPowerCore Fusion自体を充電することが可能でしたが、本モデルでは排除されています。USB Type-Cで充電できるのかと調べましたが、充電できないようです。

 筆者が利用しているAnker PowerPort Atom PD 2と比較しました。右がPD 2ですが、やはりAnker PowerCore Ⅲ Fusionのほうが一回り大きいですね。

 大人気の小型PD充電器のAnker PowerPort Atom 1と比較しました。プラグ抜きでだいたい4つ分くらいに相当しそうです。ただ、モバイルバッテリーと電源アダプターを兼ねてると思えばアリな選択肢かもしれません。

Sponsored Link

 出力をチェックしてみました。まずは電源に接続している状態にiPhone 11 Proを接続してチェック。定格通りの約18Wが確認できました。

 続いて電源から外してモバイルバッテリーとして使用時の出力をチェックします。条件は先程と同じiPhone 11 Proでチェックします。こちらは定格より少し低めの約15Wが確認できました。とはいえ、まれに17Wあたりは測定できたので条件に依ると思います。

Sponsored Link

 ついにリリースされたAnkerの大人気FusionシリーズのUSB PD対応版。実は2018年に世界展開が予定されていたPowerCore Fusionは10,000mAhの大容量でUSB Type-CとUSB Type-Aが搭載されていました。しかし理由は不明で中国国内のみの展開に変更されました。

 のちに、Apple限定で販売されたモデルは5,000mAhでUSB Type-Cは30W、USB Type-Aは12Wと容量は劣るものの、出力が大きく改善されました。しかし、価格が1万円オーバーとかなり強気の価格設定。しかもレビューでは30Wも出力されないなどなど、結構問題の多い製品だったようで、筆者も購入を見送りました。

 今回のモデルは30Wには及びませんが、18Wと公称値はしっかりと出力し、USB PDの規格に則った仕様になっており、個人的には満点だと思います。Anker PowerCore Ⅲ Fusion 5000はAmazonで3,000前後で販売されてます。モバイルバッテリーと電源アダプターがセットになったFusion、在庫がある時にすぐ注文することをおすすめします!すぐ完売しちゃいますよ!

Anker PowerCore III Fusion 5000(PD対応 18W USB-C モバイルバッテリー搭載USB充電器 4850mAh) 【PowerIQ 3.0 (Gen2) / PD対応 / PSE認証済 / コンセント 一体型 / 折りたたみ式プラグ】 iPhone & Android各種対応 (ホワイト)