3万円の5Gスマホ、120Hz対応でハイエンド性能!? Xiaomi10周年記念 Redmi K30 Ultraがヤバい すまほん!!

 中国Xiaomiは、Xiaomiブランド10周年記念モデルとしてRedmi K30 Ultraを正式発表しました。

 Redmi K30 Ultraの価格は1999元、日本円で約3万600円で購入することが出来ます。RedmiはXiaomiのサブブランドということもあり、Redmi K30 Ultraもコスパに優れたスマホとなっています。

  搭載SoCはMediaTek製のDImensity 1000+。ハイエンドスマホ向けのチップで、Snapdragon 855+を超える性能を持ちます。

 ディスプレイは6.67インチの有機EL(1080 x 2400)。リフレッシュレートは120Hz。2000万画素のインカメラはポップアップ式となっているため、ディスプレイ上にノッチは無し。

 背面カメラは6400万画素の標準、1300万画素の超広角、500万画素の望遠マクロ+深度センサー。 

望遠マクロカメラでの作例(商品HPより)

 バッテリーは4500mAhで33W急速充電に対応しています。その他スペックは以下の通り。

Sponsored Link
OS Android 10, MIUI 12
CPU Dimensity 1000+
メモリ 6/8GB
容量 128/256/512GB
画面 6.67型(1080 x 2400)
カメラ 6400万画素+1300万画素+500万画素+深度カメラ
インカメラ 2000万画素
電池 4500mAh 
寸法 163.3 x 75.4 x 9.1 mm ,213g
その他 33W急速充電

 中国国内での発売は8月14日。グローバル版の展開に関しては現時点で明らかになっていません。価格は以下の通り。

  • Redmi K30 Ultra (メモリ6GB、ストレージ128GBモデル):1999元(日本円で約3万600円)
  • Redmi K30 Ultra(メモリ8GB、ストレージ128GBモデル):2199(日本円で約3万3700円)
中華ガジェット個人輸入の定番サイト
ETOREN(解説) Banggood(解説) GearBest(解説)
Geekbuying TOMTOP