画面が回転するド変態スマホ「LG Wing」正式発表! すまほん!!

 今年のスマホのトレンドは、パンチホールディスプレイのようで、各社筐体デザインの似通ったスマホを展開している印象でした。そんな中、韓国LGから変わった二画面スマホ「LG Wing」が発表されました。

 LG Wingは、二枚のディスプレイを搭載しており、ディスプレイを横に回転させることで、二画面スマホとして使うことが出来ます。

 LG Wingのメインディスプレイは、6.8インチのP-OLED。解像度はフルHD+。アスペクト比20.5:9の縦長ディスプレイとなっています。

 インカメラは3200万画素のポップアップ式。背面には6400万画素のメインカメラを含むトリプルカメラを搭載。

Sponsored Link

 デュアルレコーディング機能を搭載しており、インカメラとアウトカメラ同時に撮影することが可能。

 その他、ジンバルモードも搭載。LG曰く、機能性の高いジンバルが組み込まれており本製品のみでパーン撮影などが可能ということです。この機能は実際の性能が気になるところですが、独自性の高い機能をいくつも搭載していますね。

 気になるのは耐久性かと思いますが、20万回の耐久性テストを通過済とのこと。メインディスプレイでゲーム中に、通知が来てもサブディスプレイで受信することもできます。プレイングを邪魔されないということで、ゲームをする人にも受けそうなスマホです。

 その他スペックは以下の通り。

Sponsored Link
OS Android 10
CPU Snapdragon 765G
メモリ 8GB
容量 128GB
画面 6.8型 (1080 x 2460) サブ(3.9型)
カメラ 6400万画素 標準
1300万画素 超広角
1200万画素 超広角 ジンバルモーションカメラ
インカメラ 3200万画素
電池 4000mAh
寸法 169.5 x 74.5 x 10.9 mm, g
その他 画面内指紋認証

 価格やグローバルモデルの発売に関しては明らかになっていません。韓国国内では10月中に発売となる見通し。折り畳み式二画面スマホだと、たとえばGalaxy Z Flipは厚さ15.4mmと本体が厚くなり携帯性が損なわれてしまっていますが、その点LG Wingの回転式二画面スマホは厚さ10.9mmに抑えることができており、面白い試みに思えます。

海外スマホ個人輸入の定番
etoren
ETOREN イートレン
使い方