噂:AirPods Studio製造に遅れ、AirTagsはiOS14.3に合わせて発売か すまほん!!

(画像出展: AirPods Studio Jon Prosser / AirTags Jon Prosser

 Apple未発表製品のリークで有名なJon Prosser氏は、Apple製ヘッドホン「AirPods Studio」の製造に遅れが出ているとリークしました。

 それによると、AirPods Studioの生産に問題が生じており、これを解決せねばならず、いくつかの機能を削除しなければならないのだとか。

 Appleは、順調に行けばAirPods Studioを11月に発表、12月に発売。しかし3月までリリースされない可能性もあるとのこと。

Sponsored Link

 以前の記事でも紹介した通り、AirPods Studioではヘッドフォンジャックは廃止され、有線接続をするための代替としてUSB-Cポートが搭載されるとのこと。さらに昨年10月に発売されたApple純正完全ワイヤレスイヤホンのAirPods Proに搭載された「アクティブノイズキャンセリング」にも対応、ヘッドフォンを付けたときの左右を自動的に検出することで、左右兼用のヘッドフォンとなるとも。

 加えて同氏によると、Appleの紛失防止タグ「AirTags」は準備ができており、iOS14.3がリリースされるのと同じタイミングで来月に発売されるそうです。理由としては、iOS14.3にはUWBとBluetoothのトラッキングタグを有効にする機能が含まれているからです。AppleはiPhone 11 Proシリーズで初めて導入した U1 Ultra Widebandチップを使用し、「探す」アプリを使って特定のアイテムにタグを割り当てることができるとしています。

 以前からAirPods StudioやAirTagsは発売されると噂されていますが、いつになったら発売されるのでしょうか……楽しみに待っている人も多いと見込まれるので、Appleにはぜひ製品化してほしいものですね。続報を待ちましょう!