次期「iPhone 12」、最上位モデルのみ「画素巨大化」で夜景強化か? すまほん!!

 iPhone 12 Pro Maxは、カメラの性能がiPhone 12シリーズの中で最も優れたものになりそうです。DSCC(Display Supply Chain Consultants)社のCEOであるRoss Young氏は、以下のようなツイートをしています。

 2021年のiPhone 13は4種類で、いずれもタッチセンサーをフィルムと一体型にしたフレキシブル有機ELディスプレイ「Y-Octa」を採用、供給はSamsung Display、LG、BOE。いずれもFace ID採用とのこと。同氏はディスプレイ関連の情報に精通している人物です。

 このツイートは、一見するとiPhone 13シリーズの紹介ですが、表の中のRear Cam(背面カメラ)の部分を見ると、iPhone 13の背面カメラは「iPhone 12 Pro Maxと同じ1.7µm」であると書かれています。

 そして、同氏はみずほ証券の情報をもとに、iPhone 12シリーズのカメラセンサーについても以下の通りツイート。

Sponsored Link

 iPhone 12シリーズは、Pro Max以外は引き続き1.4μm。しかしPro Maxのみ1.7μmへと巨大化。一般的に、画素が大きくなるとそれだけ多く光を取り込めるため、夜景・低照度撮影に強くなります。最新のハイエンドスマートフォンで夜景がまともに撮れない機種は一部の例外を除いて存在しないほど、ここは端末のスゴさを誇示する一種のベンチマーク的領域。ここをさらに強化してくるということでしょうか。

 センサーサイズごと大きくなったのか、解像度を落とすことで画素を大きくしたのかは不明。しかし最上位機種であるiPhone 12 Pro Maxのカメラを他シリーズと差別化するにあたって、カタログスペック上の画素数を落とすと、一般消費者にその凄さは伝わりにくくなりかねませんから、センサーサイズを大型化しているのではないでしょうか?

 新型iPhoneの発表は、10月13日と予想されています。リーカーのJohn Prosser氏によれば、発表日の詳細は明日アナウンスされるとのこと。

 新しいiPhoneはどのような進化をしているのか、楽しみですね。

(編集・校閲: ivara)