「wena 3」発表。待望のSuica対応に加えて「鍵の施錠解錠」「家電制御」も可能な夢の全部入りだああああ!!! すまほん!!

 Sonyは、ウェアラブル端末「wena 3」を正式発表。予約受付を開始しました。発売日は2020年11月27日。

 本製品は腕時計のバックルに光学式心拍センサーやスマートウォッチ機能を内蔵したウェアラブル端末。スマートフォンとBluetooth接続可能。ディスプレイは曲面有機El、表面はゴリラガラス。耐衝撃で5気圧防水。

 最も注目ポイントは、シリーズ初となるSuica対応を果たしたこと。これは初代からのコンセプトに共感して本機を愛用していたユーザーにとっての悲願と言えます。

 Suicaだけではなく、楽天EdyやQUICPay、iDなどの各種決済が利用可能。Suica部分はwenaアプリのみで利用できるものの、Suica以外の電子マネーは初期設定のみiOSが必要になる点は注意が必要。wenaアプリからのSuica発行やクレジットカードからの入金、残高表示、新幹線eチケット/タッチでGo!新幹線/スマートEXが利用可能。定期券には非対応。

 電池持続は1週間。予備電力24時間なので、改札を通った後に電池が切れてしまってもSuicaが利用でき、絶対に改札から出られるというわけ。

 バンド素材は「metal(金属)」「leather(革)」「rubber(ゴム)」の3種類。

(左から「wena 3 metal Silver」、「wena 3 metal Premium Black」、「wena 3 rubber Black」、「wena 3 leather Brown」、「wena 3 leather Premium Black」)

 従来モデルでは金属バンドの各コマに電池などの部品を分散して格納する技術感溢れる仕様でしたが、今世代からはバックル部分に集約、共通化が図られています。

 「leather / rubber」は腕時計ヘッド部を独特の方法で着脱可能であるため、時計を外して単独のスマートバンドとしても利用可能。

Sponsored Link

 歩数計やスマホの通知受信、アラームやタイマーと言った機能はもちろん、Amazon Alexa対応にも対応。会計時の割り勘、今日の天気、外出先からエアコンのオン/オフなど家電操作ができるということに。さらにQrio Lockの施錠解錠にも対応したのは素晴らしいポイント。「腕時計だけでどこまでやれるか?」挑戦したくなりますね。

 決済機能も何でも腕時計に集約できる一方、紛失の不安も大きくなりますが、しっかり紛失防止タグMAMORIO搭載なので安心。よく練られています。

 有名デザイナー山中俊治氏やイタリアの自動車デザイナーファブリッツィオ・ジウジアーロ氏らのデザインしたヘッドもラインナップ。シチズン、セイコーとのコラボモデルも発売します。

 筆者はwenaが大好きでSuica対応をずっと待ちわびていました。機械式腕時計の良さを保ちながらスマートウォッチの良さも両立することができる、素晴らしい夢のようなコンセプト。wena3購入に合わせて腕時計を新調、Alexa導入とQrio Lock導入を進めていく所存です。

 きっとSuicaはどこかのタイミングで対応してくるとは思っていたのですが、wena3発表で最も感動したのがB2B。モジュール化して腕時計メーカーに外販することで「消費者が腕時計を買った時点でwenaが入ってる」という状態が実現。スマートウォッチに対抗したい腕時計メーカーにとっても有力な武器となり、wenaを知らない一般消費者への接点が大きく広がります。

 これを機により多くのユーザーに、wenaの素晴らしさを知ってもらいたいですね。

オンラインストアでソニー製品を買う
Sony Store