Unisocチップ搭載!エントリースマホ「Hisense F50+」発表 すまほん!!

 中国Hisenseは、SoCにUnisoc T7510を搭載する5G対応エントリースマホ、Hisense F50+を正式発表しました。

 先日中国キャリア中国電信から発表された、エントリースマホ「天翼一号」はHisense F50+がベースモデルとみられます。

 Hisense F50+のディスプレイは、6.517インチ(HD+)の液晶。ディスプレイ下部にはベゼルがあります。

 背面カメラは、1600万画素のメイン、200万画素のマクロ+深度センサー。バッテリーは大容量5100mAhで、急速充電は最大18W。本体カラーはグリーンのみ。搭載SoCのUnisoc T7510のAnTuTuスコアは10万点後半。ちなみに、Unisocは中国、清華紫光集団傘下の半導体ファブレス企業です。

 価格は1699元、日本円で約2万6800円。Hisense F50+は、Unisoc搭載という点は非常に興味深いものの、それを除けば特色の少ないスマホですね。2万円台後半となると、XiaomiやOPPOなどのエントリースマホを買った方がよさそうです。詳細スペックは以下の通り。

OS Android 9
CPU Unisoc T7510
メモリ 6GB
容量 64GB
画面 6.51型 (1600×720)
カメラ 1300万画素+200万画素+深度センサー
インカメラ 800万画素
電池 5100mAh
寸法 165.5 x 77.9 x 9.95,mm
その他 タイプCポート搭載、急速充電最大18W
中華ガジェット個人輸入の定番サイト
ETOREN(解説) Banggood(解説) GearBest(解説)
Geekbuying TOMTOP