噂:高輝度・高駆動・高解像度!次期「Xperia 1 III」、いよいよ4K/120Hz有機ELパネル搭載か? すまほん!!

 中国リーカーZackbuks氏は、Weiboにて、2021年のディスプレイバックライト強化に関する投稿に言及する形で、示唆に富んだ投稿をしました。

 これは一体何の話なのか?「21:9の真のタチウオ」から、Xperiaに関する話であることは明白。なぜならXperia 1以降の21:9ディスプレイ搭載のXperiaは、中国のSonyファンの間で「リモコン」「タチウオ」の名称で呼ばれているからです。

(参考画像:リモコンとタチウオ)

 となると、「Xperia 1 III」かそれ以降のデバイスの話と考えられます。

 現在のスマホの最新トレンドは、ディスプレイのHDRのダイナミックレンジを広く取ること。「HDR1000」ということは、HDRピーク輝度1000nitのディスプレイを搭載することを示唆しているのでしょうか。より肉眼に近いHDR映像再生が可能になります。

 真の4K、120Hzという文言からは、いよいよパネルが4K/120Hzに対応することを期待してしまいますが、SoCの映像出力上限を考えれば、実際に4K/120Hzを両立しての運用は不可能。Snapdragon 865にせよ888にせよ、WQHD/120Hzが上限だからです。

Sponsored Link

 仮にパネル以外の部品でも4K/120Hzが可能だったとして、電池消費が大きすぎることから、最終的な製品バランスを考えれば現在のスマートフォンでは発揮させないでしょう。

 そうした事実を踏まえると、4Kの高解像度を堪能できつつも、120Hz駆動時は解像度を抑えてくるのが現実的ではないでしょうか。解像度か高駆動か、場面やユーザー設定によってどちらを重視するか切り替えられる仕様は、製品バランスとして真っ当です。

 Zackbuks氏は、2018年時点からすでに「2019年のXperiaが21:9ディスプレイを採用する」とリークし、的中させた実績を持つリーカーです。

Xperiaをオンラインで購入する。(解説
ドコモ au SB Y! UQ 楽天 ETOREN