Redmi Note 10シリーズ正式発表!5G版は2.1万円から すまほん!!

 中国Xiaomiから、Redmi Note 10シリーズが正式発表されました。今回発表されたのはRedmi Note 10・Redmi Note 10S・Redmi Note 10 Pro・Redmi Note 10 5Gの四機でいずれもグローバルモデルです。この内、5G対応モデルはRedmi Note 10 5Gのみ。

Redmi Note 10/Redmi Note 10S

 Redmi Note10/10Sの基本的なスペックは共通しています。異なるのは背面カメラの仕様や搭載SoC。

 Redmi Note 10はSoCにQualcomm製Snapdragon 678を採用。Redmi Note 10SはMediaTek製 Helio G95を搭載しています。

 Redmi Note 10の背面カメラは、4800万画素のメイン、800万画素の超広角、200万画素の超広角のトリプルカメラ+深度センサー。Redmi Note10Sではメインカメラが6400万画素に強化されています。バッテリー容量は5000mAhで急速充電は最大33W。

 価格は以下の通り。

  • Redmi Note 10(メモリ4GB、ストレージ64GBモデル):$199(日本円で約2万1600円)
  • Redmi Note 10S(メモリ6GB、ストレージ128GBモデル):$229(日本円で約2万4800円) 

Redmi Note 10  Pro

 上位モデルにあたる、Redmi Note 10 Pro。一億画素のメインカメラを含む、トリプルカメラ+深度センサーを搭載。トリプルカメラの構成は、1億800万画素のメイン、800万画素の超広角、500万画素のマクロ。カメラ部分は多少厚みがあるようです。

 搭載SoCはSnapdragon 732Gで5Gは非対応。ディスプレイは6.67インチの有機ELでリフレッシュレートは120Hz、タッチサンプリングレートは240Hz。バッテリー容量は5020mAhで、急速充電は最大33W。

 価格は以下の通り。

  • Redmi Note 10 Pro(メモリ6GB、ストレージ64GBモデル):$279(日本円で約3万200円)

Redmi Note 10 5G

 Redmi Note 10シリーズで、唯一の5G対応モデルとなるRedmi Note 10 5Gは、SoCにMediaTek製Dimensity 700を搭載。7nmプロセスのチップということもあり、AnTuTuベンチマークテストでは30万点前後を記録するチップです。

 Redmi Note 10 5Gの背面カメラは、4800万画素のメイン、200万画素のマクロのデュアルカメラ構成+深度センサー。ディスプレイは6.5インチの液晶。リフレッシュレートは90Hz。バッテリー容量は5000mAhで急速充電は最大18W。

 価格は以下の通り。

  • Redmi Note 10 5G(メモリ4GB、ストレージ64GBモデル):$199(日本円で2万1600円)

 Redmi Note 10シリーズは、筐体デザインなど多くの仕様を共通化することで、価格を抑えているようです。

中華ガジェット個人輸入の定番サイト
ETOREN(解説) Banggood(解説) GearBest(解説)
Geekbuying TOMTOP