噂:iPhone 14シリーズで「mini」廃止? すまほん!!

 2022年に発売されるiPhoneのラインナップから、「mini」が廃止される可能性があることが、Apple関連の正確な情報に定評のあるMing-Chi Kuo氏のレポートからわかりました。

 このレポートを伝えたMacRumorsによりますと、今年発売が予想されている「iPhone 13」シリーズには、iPhone 13 miniも存在するとのこと。ただし、来年以降登場する新型iPhoneのラインナップに「mini」の姿を見ることはできなくなるとしています。

 スマートフォンは、年々大型化が止まらず、最近ではカーナビくらいのサイズの端末も珍しくありません。そんな中、ライトユーザーには小型のスマートフォンを好む人も多く、iPhone SEシリーズには需要があり、Xperiaの「Compact」シリーズは非常に熱狂的なファンを持つ端末でした。今年1月に、Xperia「Compact」シリーズが復活するかも、というリーク情報が流れた際にも、ネットの反響が大きかったのは記憶に新しいところ。

当媒体iPhone 12 miniレビュー内の比較画像。このサイズ感が好きです。

 Appleは、それらの点を鑑みてiPhone 12シリーズに「mini」を投入したと見られますが、売り上げもあまり好調ではないようで、これまでに生産ラインの縮小も行われています。Appleは、期待した売り上げが得られなかったため、「mini」の存在価値が低いと判断し、ラインナップから排除するとものと考えられます。

 iPhoneは、5シリーズまではラインナップの全てがコンパクトな端末で、国内で初めて発売された「iPhone 3G」の画面サイズはなんと3.5インチ。今となっては小さすぎるような気がしますが、iPhoneを昔から使うユーザーには、まだあのサイズ感に親しみを持っている方も少なくはないと思います。そんな中登場したiPhone 12 miniは、サイズ感はよかったですが、それでもあまり受け入れられなかったようですね。

 どんどんでっかく、重くなっていくスマートフォン。筆者もどちらかといえばコンパクトで軽いスマホが好みのため、今回の情報は少し悲しく感じました。