ドコモ、ついに「パケ詰まり」問題を認める。対策実施へ すまほん!!

 NTTドコモは、5Gエリアの端など電波品質が悪いエリアにおいて通信速度低下等の事象が存在することを正式に認めました。

 これまでドコモ回線を利用すると5Gエリアの端でアンテナピクト5Gのまま掴んで離さず、通信できない「パケ詰まり」が生じるとの報告が以前からユーザーよりSNS等で寄せられ、5Gエリアが拡大すればするほどこの声も増しており、ドコモの回線品質に厳しい目が向けられていましたが、ドコモはこれまでこの事象を具体的に公式には認識していませんでした。

 今回、ドコモは5Gエリア品質向上に向けた取り組みと題して声明、こうした事象の存在を認めた上で、改善するために2021年6月末までに必要な対策を実施、さらに5G基地局を1万局まで拡大することで、品質向上に努めるといいます。

 なお現時点では、本事象は端末の設定メニューから優先ネットワークを「4G / 3G / GSM」に設定、つまり5Gをオフにすれば解決します。